宇宙人の実在を公言した要人10人がヤバイ! エイリアンの地球来訪が公式認定される「UFO元年」到来へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

●エドガー・ミッチェル(アポロ14号の宇宙飛行士)
“月面を歩いた6人目の男”こと、元NASAの宇宙飛行士であるエドガー・ミッチェル氏は証言の中で「地球にはETが訪れているし、墜落した宇宙船と回収された残骸および遺体が保管されている」と言及している。

●ヒル・ノートン卿
 2004年に89歳で亡くなったイギリスのヒル・ノートン卿は生前、政府に圧力をかけてUFO情報を公開を強く要求している。1980年にイギリス・サフォーク州のレンデルシャムの森で起きたとされるUFO遭遇事件「レンデルシャムの森事件」について、真剣に取り組もうとしない政府に対して激しく抗議したといわれている。

officialdisclosure3.JPGヒル・ノートン卿 画像は「THE OTHERS」より

●ミチオ・カク(理論物理学者)
 アメリカの理論物理学者、ミチオ・カク博士はこれまでも著作やインタビューの中でUFOの存在についての見解を述べている。特に1986年アラスカ上空で日航機から目撃されたUFO、1989~90年にベルギー上空で何度も目撃された三角形型UFO、1976年イラン・テヘラン上空で目撃されたUFOについては、UFOの実在を認めるしか説明のしようがないと主張している。

 ウィキリークスもまたNASAの隠蔽体質を批判し、これまで何度もNASAで保管されているUFO関連情報のリークを行ってきている。2010年には米軍が撮影したとされているUFOが墜落する模様を収めた映像がウィキリークスによって公開された。

米軍撮影の“UFO墜落” 動画は「YouTube」より

 UFO、及び宇宙人の単純な目撃例、接触例のみならず、現在の我々の文明には、例えばコンピュータのCPUのような、地球外知的生命体の高度な技術が適時導入されているとしか説明できないケースが多々あるという。YouTubeチャンネル「THE OTHERS」は動画紹介欄で20世紀初頭の希代の発明家であるニコラ・テスラの発明の数々は、エイリアンとの接触によりもたらされたものではないかと指摘している。はたして今年が人類史を二分するかもしれない開国ならぬ“開地球”の年になるのか、各方面から期待と不安の入り混じった眼差しが注がれている。
(文=仲田しんじ)


The Others 2017 : ALIEN CONTACT. Are we ready for official disclosure? 動画は「THE OTHERS」より


参考:「Disclose.tv」、「Mysterious Earth」、ほか

コメント

3:匿名 2017年3月26日 00:05 | 返信

>> 1

かなりいい線いってるね

2:匿名 2017年3月25日 19:49 | 返信

アメリカでテレビニュースで普通に放送してた、パラシュートが開かなくて墜落したNASAのテストカプセルだよ、しんじ

1:匿名 2017年3月25日 14:41 | 返信

宇宙人かぁ。宇宙人ブームあるんかね。
エイリアンのふりした頭いい人達の集団の方がこちらとしては現実味あるけどね。
よっ!国家的詐欺!なんつって。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。