奇習! 我が子に“焼殺される”ことを乞い願う老人たち…! 山梨県に実在した無慈悲すぎる「姥捨て」習慣の実態

奇習! 我が子に焼殺されることを乞い願う老人たち…! 山梨県に実在した無慈悲すぎる「姥捨て」習慣の実態の画像2画像は「Thinkstock」より引用

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県

 長い人類の歴史を紐解いてゆくと、得てして人間というものは、耐え難い苦痛をあえて選ぶことで、精神性の向上や神への接近を試みる生き物であることは明々白々の事実である。そして、我々が住むこの日本という国においては、かつてその典型であると同時に、一つの習慣ともいうべき、謎めいた儀式が存在していた。


「燃すの。燃す。人を燃す。生きてる人を燃すんですよ……」


 今回、我々の取材に対して、その重い口と閉ざされた心をようやく開いてくれたのは、山梨県のとある地域で生まれ育ち、現在は某市にある特別擁護老人ホームで余生を過ごしている山崎大三郎さん(仮名・94)。なお、山崎さんはご高齢で、かつ現在病床にあるということもあって、今回の取材に際しては、ごくごく短い時間での聞き取りとなったこと、また、時折訪れる意識の混濁により不明瞭な部分があった点を、読者諸兄においては予めご了承頂きたい。


「私もそうだけども……お迎えが近くなるとね、年寄りはみんな、若い人に、“燃してくれ”って言うんです。そう、生きてるんですよ。生きているのに、燃すんです。それはもう悲しくてね。だって自分の親やなんかを、生きたまま、燃すんですから……」


 深沢七郎の大ヒット小説『楢山節考』でも描かれていたように、かつて、日本の寒村では、飢饉や不作が起きると、少しでも食料の消費を抑えるという目的から、「働き手」になりにくい高齢者を、人里離れた山や森に「捨てる」行為が慣習化していた。こうした「姥捨て」の要素を持つ習慣は、今でこそ行われてはいないものの、その実、日本の一部地域では昭和初期まで行われていたという話も存在しており、山崎さんの話を聞くと、当地における「老人を燃やす」という習慣は、どうやらそうした「姥捨て」の一種であったのではないかと考えられるのだ。

「今はこういう時代ですから、私みたいな年寄りだって、こうやって、こう、生きていられるでしょう? けれども、昔はそんなこと、考えられなくって、自分から三途の川を渡らなくちゃいけない。だから本当ならば、私だって、今頃、息子やなんかに、“燃してくれ”と言うべきなんですよ。こんな年寄り、いつまでも生きていたって、何の役にもね、立ちやしないんですから」


 当地における「老人の焼殺」ともいうべき習慣においては、いずれの家庭においても、彼ら“死期を悟った高齢者”による「自己申請」という形で実行されていたという。しかし実際には、彼らの多くは必ずしも死期が迫っているというわけではなく、あくまでその貧困生活の中で、「若い世代の家族の足手まといになりたくない」という切なる願いから行われていた、というのが実態であったという。


「みんな、熱かっただろうにねぇ……。それでもね、誰しもね、心配させたくないと思って我慢すんの。悲鳴ひとつ上げやしない。それはもうね、忍耐強いものですよ……」


 若い世代の生活を守りたい一心から、自ら焼殺されることを選んでいったという当地の高齢者たち。その後の時代に暮らす我々は、そうした彼らの犠牲と想いの上に、毎日の時間を紡ぎ続けている。

※山崎さんは平成28年10月7日、ご逝去されました。

(取材・文/戸叶和男)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

奇習! 我が子に“焼殺される”ことを乞い願う老人たち…! 山梨県に実在した無慈悲すぎる「姥捨て」習慣の実態のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル