火星で“土星のような輪っか”が形成され始める! 火星の衛星フォボスの崩壊が関係か?

 我々が住む太陽系の中の惑星で、その形状から特に目を引くのが、周囲に“ドーナツ”のような円盤状のリングを備えている土星だ。このリングは太陽系で土星のみの専売特許(!?)かと思いきや、なんと我々にとって身近な存在になりつつある火星にもこの“ドーナツ”が形成され始めているという……。


■火星に“ドーナツ”が出来つつある!?

 土星の“ドーナツ”はもちろん一枚の円盤ではなく、小さな氷や石の粒が無数に集まって土星の周囲を周回している状態で形成されている。

 遠くからみれば、太陽系の他の惑星とは一線を画すユニークな特徴を持った土星だが、天体観測技術の進歩により、この“ドーナツ”は小規模なものでありながらも木星や天王星、海王星にも見られることがわかった。しかしながら土星の見事なフォルムからすれば、これらの惑星の“ドーナツ”は無いに等しいという感は否めないだろう。

 だが驚くことに、今後、土星の外観に近づく可能性を秘めた惑星があるという。それはなんと火星だ。人類の移住先にも決まり、昨今グッと身近になったお隣の火星だが、その上空に将来“ドーナツ”になり得る物質の層が存在し、しかも日に日に規模を拡大しているというのである。いったいどういうことなのか……。

 

火星で土星のような輪っかが形成され始める! 火星の衛星フォボスの崩壊が関係か?の画像1 「Mysterious Universe」の記事より

■火星が持つ2つの小衛星

 火星には2つの小さな月=小衛星がある。直径22kmある大きいほうの第1衛星がフォボス(Phobos)で火星の表面から6000km以内の軌道を回っている。

火星で土星のような輪っかが形成され始める! 火星の衛星フォボスの崩壊が関係か?の画像2火星第1衛星・フォボス(Phobos) 画像は「Wikipedia」より

 小さいほうの第2衛星、ダイモス(Deimos)は火星地表から2万kmの軌道を周回しており、フォボスとはかなり離れている。大きさもフォボスよりも小さく、直径は12kmだ。

火星で土星のような輪っかが形成され始める! 火星の衛星フォボスの崩壊が関係か?の画像3火星第2衛星・ダイモス(Deimos) 画像は「Wikipedia」より

 1877年に発見されたこの2つの小衛星だが、これまでは火星の重力に引き寄せられた小惑星だと考えられてきた。だが最近になって火星への隕石の衝突により生成されたのではないかという新説が登場している。

 巨大隕石の衝突によって大量のデブリが衛星軌道上へ飛散し、群れて周回するにつれてひと塊になり小衛星が形成されたのではないかという仮説が、昨年にフランスやベルギー、日本の合同研究チームによって報告されている。いずれの説が正しいのかは、今後の研究の進展を待たねばならないが、どうやら火星の“ドーナツ”にはこの第1衛星・フォボスが関係しているようなのだ。

人気連載
西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に様々...

人気連載
あなたが「モテない本当の理由」がわかる4択占い! 会話下手、自分好き、個性なし… Love Me Doが容赦なく指摘、モテ指南も!

あなたが「モテない本当の理由」がわかる4択占い! 会話下手、自分好き、個性なし… Love Me Doが容赦なく指摘、モテ指南も!

■モテない理由 「公園で、子どもたちが何かを見て『仲良し...

火星で“土星のような輪っか”が形成され始める! 火星の衛星フォボスの崩壊が関係か?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル