バカバカしいから“局アナ制度”がなくなる可能性 ― 時代は変わる、TVも変わる

関連キーワード:

,

バカバカしいから局アナ制度がなくなる可能性 ― 時代は変わる、TVも変わるの画像2

「アナウンサーの年収は約2,000万円ですが、研修なども含めれば、ひとりに対し相当なコストがかかっています。それが、たった数年働いただけでフリーに転向されるのではコストパフォマンスは悪すぎです。なおかつそれが何人も重なるわけですから、テレビ局にしてみればあまりに割りに合わない話です。ならば最初から専属のアナウンサーを置かず、必要に応じてプロダクションから呼んだほうが安くあがるという考え方にシフトしているんです」(同)

 NHKは別としてもテレビ局も営利企業である以上、いずれ辞めるとわかっている社員に過度なコストはかけられないと判断するのは当然だろう。しかし、そのような未来が本当に訪れるとはにわかには信じ難いものがある。

「報道などの分野では、臨時ニュースに対応する必要があるので局アナが皆無になるかことは考えられないです。ですから、現在のような何百人ものアナウンサーを抱える体制は終わらせ、必要最小限の人員だけにする可能性はありますね」(同)

 今は、テレビの中で当たり前に活躍する局アナという存在だが、そう遠くない将来には消えてしまい、フリーランスのアナウンサーそれぞれがすべての番組に出演するようになるかもしれない。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ