事務所が最も恐れる山本裕典の今後の動向とは? 解雇の裏に、女とクラブ、ドラッグ疑惑も

関連キーワード:

事務所が最も恐れる山本裕典の今後の動向とは? 解雇の裏に、女とクラブ、ドラッグ疑惑もの画像1画像は、『山本裕典サード写真集 ESCAPE』主婦と生活社

 山本裕典が所属事務所であるエヴァーグリーン・エンタテイメントを解雇されたニュースは驚きを持って報じられた。

「山本の所属していたエヴァーグリーンはバーニング系でも直系の事務所です。山本の解雇が決まってからは、まずはテレビ局、スポーツ新聞の『B担』と呼ばれるバーニングの御用記者に一報が入り、山本についての記事を報じるように指示があった。詳細な女性関係のデータも送られたようで、各社が一斉に山本の女癖の悪さが今回の解雇理由だと報じたようです。SNSの普及とともに芸能事務所もなかなかタレントを解雇しないケースが増えていたので、ここまで徹底的に潰したのは久々ではないでしょうか」(週刊誌記者談)

 それだけ山本が事務所、そしてバーニングの怒りを買ったということなのだろう。しかし、独身な上に妙齢の山本。【ゲス不倫】しても事務所が守るパターンが多い中、かなりの厳しい処分であることは間違いない。その裏事情を話すのは、山本を追っていたという週刊誌記者だ。

「山本は過去にも前田敦子をはじめ、芸能人やモデルとの噂が絶えなかった。本人も根っからの遊び人で、付き合う人間も六本木を根城にしているIT系の社長や怪しい外国人モデルなど、とにかく“金と女がいる場所”に出没していた。そして、クラブで勝手に自分の名前でイベントを開いて女漁りをしていたようなのですが、これもさほどの利益になっていたわけではないので、事務所からもそこまでのお咎めは無かったようです。

 しかし、クラブのVIP席での出来事は許せなかった。山本が薬物を使用しているらしいという疑惑の情報が、“隠語”を通じてネットで広まり、しかもイベントの詳細も書かれていたことで、事務所の幹部は激怒。女性スキャンダルによる大手プロからの共演NGなどもあわせて、複合的にクビとなったようですよ」

 そんな事務所関係者も、恐れているのが山本によるSNSなどでの暴露だ。

「山本はドラマなどでも活躍していたことで、数千万円の年収があった。それが、一切なくなるわけですし、何よりも芸能人であるブランドがなくなることに非常に危機感を覚えている。もちろん、いまさら山本を拾うような事務所も皆無。そこで、山本は知人を社長にして再度芸能界へのアプローチを考えているところだと聞いています。ここ最近ではレコ大の問題などトラブル続きのバーニングだけに、これ以上騒動を増やしたくないとのこと。芸能界の裏事情など暴露されたら、どんなに小さな内容でもまたマスコミが騒ぐのは目に見えていますから。それを防ぐためにも、山本に関する決定的な情報を握っている可能性があるという話ですよ」(スポーツ紙記者談)

 芸能界に戻れなくなるとなれば、もはや“ユーチューバー”になるくらいしか、道は残っていないのでは?

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ