ユーチューバー業界の衰退を関係者が暴露! はじめしゃちょー二股騒動が拍車かけた!?

 小学生の将来なりたい職業がユーチューバー……などという、悪夢としか思えないようなことが現実になっている現在の日本。もちろん、本場アメリカでは立派な職業として数億円を稼ぐ成功者が続出しているのも事実だ。しかし、日本においてはそもそも動画サイトの視聴者が減少を続け、結果として稼げるような職業としては成立していない。

「ヒカキンやはじめしゃちょーなど成功者を出したユーチューバーですが、YouTubeが、違法動画問題やヘイト動画に広告を出してしまったことでGoogleが謝罪をする騒動も起きている。GoogleとしてもYouTubeが稼ぎ出す収益は大きいのですが、問題が山積みで近いうちにYouTubeの大規模なリニューアルも予想されている。そもそも、YouTubeに投稿された動画に対し違法にクリックを増やす方法が日々開発され、東南アジアなどでは、ワンクリック1円を切るような低価格でクリックを支援する企業も続出。ナショナルクライアントなどは前述のヘイト動画への掲載などもあり、いままでよりも細かくデータを求める動きが出ていて、ユーチューバーも一気に収益が減る可能性が高くなっている現状です。

 しかも、日本では電通や博報堂などの大手広告代理店による過労死問題などもあり、これらのネット広告事業に及び腰になり始めている。景気が回復しテレビ広告が好調なだけに、しっかりとした整備がなされるまでは様子見をするようです。テレビに変わってネット動画に広告が一気に流れこむ、などと夢のように語っていたIT系のクリエイターも、今はその勢いをなくしている状況です」(IT系プロデューサー談)

 しかも、ニコニコ生放送やLINE LIVE、AbemaTVなど、サービスが多様化したのも問題を大きくしていると話すのは、生放送を主戦場にするフリーディレクターだ。

「ネットで主流となっている生放送に関しても、ユーザーは飽き始め減少傾向に。ニコニコ動画の会員数が減少に向かっているのも大きな流れになりそうです。YouTubeは動画サイトなので【生放送戦国時代】と関係がないと言われているのですが、実はニコ生などで収益をあげていたクリエイターが稼げなくなり続々とYouTubeに参戦。結果として、広告が増えないのにユーチューバーが増えすぎ、一人あたりの収益が減り始めているという。

 しかも、NMB48の吉田朱里など、芸能人がYouTubeで成功する例も出始め、広告はタレントに流れ始めている。そもそもが、素人の集まりのユーチューバーだっただけに、本物の可愛いタレントが参戦すると一気に色褪せて見え、人気がなくなってしまう。特に、メイク系で収益をあげていた女性ユーチューバーは、ほとんどが収益を減らし人気も低迷し始めている状況です」

 そんな中で起きた、はじめしゃちょーの二股疑惑。はじめしゃちょーが、神妙な面持ちで謝罪をする動画を配信するなど、もはや理解不能な展開へと発展している。

「そもそもが、素人が好き勝手に動画を投稿することが魅力だったユーチューバー現象なのに、今回のはじめしゃちょーの謝罪動画で一気にユーザーは冷めてしまった。この謝罪も、企業からのタイアップ動画を上手く紛れ込ませることで収益を上げている現状で、スポンサーのために謝らなければいけなかったようです。しかも、その二股を告発したのも動画配信者、二股されたという女性も動画配信者で、はじめしゃちょーを含めそれぞれが売名に近い行為だと炎上をしている状況です。もっとも、現在はじめしゃちょーはファンクラブで「活動休止」を報告したようですが、本人がまた“帰ってくる”と言っているとおり、復活すればまたニュースになります。

 この、はじめしゃちょーや不倫疑惑の女性が所属するUUUMという事務所は、ユーチューバーのみが所属していることを売りとしていますが、大手芸能事務所が触手を伸ばしはじめ、すでに松竹芸能株式会社とオンラインタレント育成で業務提携を発表している。これまで素人が活躍できたユーチューバー業界崩壊の足音は、すぐそこまで来ている状況です」(IT系プロデューサー談)

 ユーチューバーも結局は芸能界という大きな波に飲み込まれてしまうようだ。

ユーチューバー業界の衰退を関係者が暴露! はじめしゃちょー二股騒動が拍車かけた!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで