処女を跨がらせて“性的指導”する古代ローマの巨根神!? 世界のぶっ飛びすぎな神様5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

,

■バロン・サムディ

処女を跨がらせて性的指導する古代ローマの巨根神!? 世界のぶっ飛びすぎな神様5選!の画像5画像は、「HORRORPEDIA」より

 ハイチ共和国などで信仰されるブードゥー教には、「バロン・サムディ」と呼ばれる死神が存在する。バロン・サムディは骸骨頭にシルクハット、漆黒のタキシードまたは黒いロングコートを身に纏い、眼鏡かサングラスを着用した姿で描かれることが多く、また勃起した男性器の装飾が付いた杖を持ち歩いているそうだ。この死神は死者の霊と同様に、墓地と生死の分岐点を統括している。また信者に憑りつき卑猥な踊りや下品な言動をさせる反面、恋の問題から雇用問題にまで助言を与えることもあるという。

処女を跨がらせて性的指導する古代ローマの巨根神!? 世界のぶっ飛びすぎな神様5選!の画像6画像は、「SUPERNATURAL WIKI」より

■虹蛇

処女を跨がらせて性的指導する古代ローマの巨根神!? 世界のぶっ飛びすぎな神様5選!の画像7画像は、「Aboriginal Dreamtime」より

 オーストラリアに住む先住民アボリジニの神話には、「虹蛇」と呼ばれる蛇の姿をした神が登場する。伝承では、まだ世界に色が無くどこまでも荒れ果てた平野が続いていた頃、虹蛇が空から舞い降り、世界に渓谷や川を創造し様々な種を作り出したといわれているそうだ。また中には、虹蛇が人間や動物、植物といった生命を生み出したという伝説もあるほか、「ウォンジナ」という名でも知られる虹蛇は、秩序や文化、言語を与えたとして非常に尊敬されてもいる。さらにウォンジナは、人間の精神を形作ったとも信じられているそうだ。

処女を跨がらせて性的指導する古代ローマの巨根神!? 世界のぶっ飛びすぎな神様5選!の画像8画像は、「Walangari Karntawarra」より

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年4月19日 12:01 | 返信

最後のは一般人へのガス抜きの祭りだろうな。
数少ない強烈な異常者を抑制するような効果もあったのかも。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。