超有名ロックバンドA周辺で不審死!? マスコミが封印した“最大のタブー”が黒すぎる!

超有名ロックバンドA周辺で不審死!?  マスコミが封印した最大のタブーが黒すぎる!の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 カリスマロックバンドAに“黒い闇”が広がっている。Aは90年代初めに結成された4人組バンド。当初はビジュアル系を全面に押し出していたが、ロック色を強めた同年代後半に人気に火が付き、ミリオンヒットを連発するまでになった。

「現在はメンバーのソロ活動が中心で、4人が揃うのは周年ライブくらいですね。メンバーはみんな端整なルックスだし、キャッチーな曲も多いので、今でもチケットや物販の売り上げはすごいです。メンバー1人あたり、1日コンサートすると1億円のギャラと言われているんですよ」(音楽関係者)

 ならば、もっとバンド活動に専念すべきでは……と考えるのが普通だが、それはもうできないという。ビジネスだけでは割り切れないほど、メンバー間の確執が深刻だからだ。前出の関係者が続ける。

「きっかけは2011年に予定していたライブでした。準備をしている時、ちょうど東日本大震災が起きたんです。そこで『ライブの収益金の一部を義援金として寄付したらどうか』と関係者から提案がありました。すると、ボーカルBとベースCが大喧嘩になったんです」

 Bは「むしろ寄付すべきだ」と乗り気だったという。ところが、ベースのCが「そういうのは大々的に打ち出すべきではないだろ」「やりたければ勝手にやれよ。オレは絶対イヤだから」と真っ向反論。次第に険悪な空気になり、他のメンバーも加わって激しい口論に発展してしまった。

「それ以来、BとCの関係は決裂。他のメンバー間にもヒビが入り、もはやバンド活動を続行できなくなりました。何億円も稼げる宝の山がパアです。それでも仕事がいろいろ入るため、打ち合わせもしなくてはならないのですが、そもそも4人揃うことが難しい。結局、個々にスタッフが説明するという最悪の状況なんですよ」(同関係者)

 そんな事実上、崩壊状態のA。ところが問題は、それだけにとどまらなかった。実はA周囲では、封印された不可解な出来事が発生していた。あるスタッフが、謎の死を遂げたのである。事情を知る芸能プロ関係者が重い口を開く。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ