中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局の“デマ認定”が逆に怪しすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局のデマ認定が逆に怪しすぎる!の画像1中国のフリマアプリに、26万元で実娘を販売するという鬼畜な書き込みが

【日刊サイゾーより】

<とてもかわいくて、泣くことはありません。おなかをいっぱいにして、よく寝かせてあげれば、泣きません。家庭の事情で養っていけなくなったので、最低価格26万元(約416万円)で売り出します>

 これは、中国の大手フリマサイトの出品内容の説明を抜粋したものだ。いったい、何を売ろうとしているのだろうか? 一見すると、ペットのようだが……。

 正解は、なんと人間だ!

 しかもこの出品者は、生後わずか7カ月の実の娘を売ろうとしているのだ。

「澎湃新聞網」(4月11日付)などによると、母親はフリマアプリ「閑魚」に実娘の写真とともに、冒頭の説明文をつけて出品。それを見たひとりが購入を希望すると、出品者は「値下げには応じない」と返答するとともに、出生証明書を表示したという。

中国版「メルカリ」で生後7カ月の乳児を販売?  当局のデマ認定が逆に怪しすぎる!の画像2「閑魚」はアダルトグッズも充実。「未使用」となっているが、真偽は定かではない(写真はPC用サイト)

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。