「2017年に核戦争、金正恩政権崩壊」北朝鮮の最高占い師たちが次々予言! 当局も火消しに躍起!

 北朝鮮情勢が緊迫している。同国の度重なるミサイル発射や核実験強硬姿勢に、米国のトランプ大頭領がとうとうブチ切れたのだ! 「あらゆる選択肢がテーブルの上にある」という発言は、当然ながら北朝鮮に対する軍事攻撃の可能性を示唆してのこと。

「2017年に核戦争、金正恩政権崩壊」北朝鮮の最高占い師たちが次々予言! 当局も火消しに躍起!の画像1画像は「EXPRESS」より引用

 中国が大嫌いの筈だったトランプ氏だが、最近になって態度を豹変させ、中国に歩み寄る姿勢を見せている。今月行われた米中首脳会談では北朝鮮情勢も話し合われたが、トランプ大統領は習近平国家主席に対して「単独での軍事行動も辞さない」ことを強調しつつ、協力を求めたという。実際、米国のシリアに対するミサイル攻撃を受けて開かれた国連安保理の緊急会合では、中国が拒否権を行使せず棄権に回ったが、トランプ大統領は「中国の習近平主席とは非常に相性が良い」と賞賛。対北朝鮮でも、中国の支持を得ようとしていることは明らかだ。

 今後、事態がトランプ大統領の思惑通りに進み、中国という最大の後ろ盾を失った北朝鮮はついに崩壊へと向かうのだろうか? 実は、金正恩政権が「2017年から2019年にかけて崩壊する」という予言が、なんと“北朝鮮国内の”占い師たちの間で囁かれているというのだ!


■占いは「違法」の北朝鮮

 厳しく情報統制され、思想の自由もない北朝鮮において、占いは法的に禁止されている違法行為だ。最高指導者である金正恩こそが“神”と同等の存在であり、それ以外の人間の「神通力」など認められないためである。同国の刑法では、占いや宗教が「迷信」と定義され、次のような罰則も科せられるという。

刑法256条(迷信行為罪) カネや物品を受け取って迷信行為を行った者は1年以下の労働鍛錬刑に、罪状の重い者は3年以下の労働教化刑に処す

 しかし、社会が不安定であるほど、人はオカルトやスピリチュアルに救いを求めるものだ。北朝鮮では1994年に金日成主席が逝去し、さらに1990年代後半の大飢饉発生を経て、急速に占いが流行りはじめたという。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

「2017年に核戦争、金正恩政権崩壊」北朝鮮の最高占い師たちが次々予言! 当局も火消しに躍起!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで