【結論】地震・津波から100%助かるには「空へ逃げる」しかない! 専門家が選出、近未来・避難構想3つ!

【結論】地震・津波から100%助かるには「空へ逃げる」しかない! 専門家が選出、近未来・避難構想3つ!の画像3アナレンマ・タワー 画像は「The Daily Mail」より引用

構想1. アナレンマ・タワー

 つい先日、米国で空中に浮かぶ巨大ビルの構想があると報道された。これはすでにトカナの記事でも紹介した通りだ。ニューヨークの設計事務所「クラウズ・アーキテクチャー・オフィス(CAO)」による「アナレンマ・タワー」と名付けられた構想は、なんと上空5万kmに浮かぶ小惑星の下に空中ビルを“吊るす”というビックリ仰天なものだ。地上とタワーとの連絡には、大型の無人機を運航させたり、電磁式エレベーターの設置も検討しているという。

【結論】地震・津波から100%助かるには「空へ逃げる」しかない! 専門家が選出、近未来・避難構想3つ!の画像4アナレンマ・タワー 画像は「The Daily Mail」より引用

 なお、この発想のきっかけを問われた設計担当者は、「我々が洪水や地震、津波の被害から解放される日が来ることを信じている」(CNN.co.jp、2017年4月5日)と答えている。もちろん地震は突然襲ってくるため、地震発生後の避難方法としては現実的ではないにしても、たとえば熊本地震のように前震がある大地震の場合、本震の前にタワーへと避難することは有効かもしれない。津波対策については、南海トラフ地震による津波の到達時間が揺れから数分後の地域もあることを考えると、たとえアナレンマ・タワーが実現されたとしても、タワーへの避難時間がネックとなりそうだ。

動画は「Vimeo」より
人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

■2020年8月10日~16日運勢「今週の不幸を回避し、...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ