首都直下地震で西麻布・田園調布・銀座・渋谷は即崩壊! 国土地理院データで判明、“真実の災害リスク”が超ヤバい

首都直下地震で西麻布・田園調布・銀座・渋谷は即崩壊! 国土地理院データで判明、真実の災害リスクが超ヤバいの画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 3月29日、国土地理院は日本各地の地形について学べるWeb地図の改良版を公開した。無料で利用できるこの「地形分類図」では、指定した地域における地震・洪水をはじめとする災害の危険度を調べることができる。大地震の発生時、あなたが住む土地の地盤の強弱が生死を分けることは、いくら強調してもし過ぎることはない。しかも、地価が高いところほど地震の揺れに強いとも限らない。そこで今回は、この地形分類図で様々な土地の災害危険度を見ていくことにしよう。


■過去に海や川だった土地は超ヤバい

 過去の記事で紹介したように、1995年の阪神・淡路大震災では、家屋倒壊などによる死者の約8割が「旧河道(きゅうかどう)」、つまり昔は川だった地盤に住んでいたことが判明している。また、昨年4月の熊本地震でも、家屋倒壊による被害や死亡の多くは震源となった益城村の秋津川周辺に分布が集中していた。このように、かつて海や川だった土地は地盤が軟弱であり、そのことが地名からもある程度は類推できる例が多いのだ。しかしそれでも、ある特定の土地における地盤の強弱や災害危険度を総合的に判断するには、やはり公的機関による正式な調査に基づくデータが信頼できるだろう。

首都直下地震で西麻布・田園調布・銀座・渋谷は即崩壊! 国土地理院データで判明、真実の災害リスクが超ヤバいの画像2画像は「国土地理院」より引用

 今回公開された国土地理院のWeb地図では、従来の「地形分類図」の改良版として、「地形分類(自然地形)」と「地形分類(人工地形)」を調べることができる。依然として日本全土のデータがサポートされているわけではないが、従来の地形データに今回、新たに追加された範囲がある。この地形分類図を参照することによって、地震だけではなく、高潮・河川氾濫・崖崩れ・土石流といった自然災害の危険度も知ることができる仕組みとなっている。

■筆者が暮らす小平市の地形は?/地形分類(自然地形)

首都直下地震で西麻布・田園調布・銀座・渋谷は即崩壊! 国土地理院データで判明、真実の災害リスクが超ヤバいの画像3画像は「国土地理院」より引用

・ オレンジ色=「台地・段丘」
 さっそく筆者は、自分が住む東京都小平市花小金井6丁目の周辺を閲覧してみた。まずは「地形分類(自然地形)」を調べてみる。住所を入力して検索すると、該当地域の地図が表示される。どうやらこの付近は、オレンジ色と黄緑色に塗られた地域が入り組んでいるようだ。そこで、筆者宅があるオレンジ色の部分をクリックすると、「台地・段丘」と題した吹き出しが表示された。「土地の成り立ち」の小見出し部分には「周囲より階段状に高くなった平坦な土地。周囲が浸食により削られて取り残されてできる」とある。また「この地形の自然災害リスク」には「河川氾濫のリスクはほとんどないが、河川との高さが小さい場合には注意。縁辺部の斜面近くでは崖崩れに注意。地盤は良く、地震の揺れや液状化のリスクは小さい」とあった。

 これを見ると、地震の揺れによる直接の被害はひとまず安心できそうなものだ。しかし、筆者宅は古い木造の2階建てなので、多摩地区付近を震源とする大規模な首都直下地震が起きた場合は、そうも言っていられなくなるかもしれない。

・ 黄緑色=「凹地・浅い谷」
 なお、自宅のすぐ近くにある黄緑色の地帯をクリックすると、「凹地・浅い谷」とあり、「この地形の自然災害リスク」としては、「大雨で水が溜まりやすくなり浸水の恐れがあり、地盤は周囲の台地・段丘に比べるとわずかに劣る」との記載が。このように、同じ地域でも周囲より多少でも低地となる場合には、やはり大雨による浸水などのリスクが高くなってしまうのだ。

首都直下地震で西麻布・田園調布・銀座・渋谷は即崩壊! 国土地理院データで判明、“真実の災害リスク”が超ヤバいのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル