「激安の高枝切りバサミ会社」はなぜ潰れないのか? 専門家が“あなたの知らないビジネスモデルの裏側”を解説!

関連キーワード:

,

 大阪の一等地で25年以上も閉店セールを続けていた靴屋さんが本当に閉店したというニュースを覚えていらっしゃるだろうか? 「もうあかん、やめます」と閉店をするフリをしながらちゃっかりと商売を続けてきたお店だったが、店主が高齢になったために本当に閉店することがニュースになったあのお店だ。

 このお店、それまで閉店と言っていたのは大阪の一流のジョークで、実際は「大阪一安いとうわさの靴店」として地元で人気のお店だったのだが、このお店が長年繁盛してきたのにはもうひとつ、知られていないビジネスモデルの秘密がある。


■激安靴屋さんが儲けていた秘密とは?

「激安の高枝切りバサミ会社」はなぜ潰れないのか? 専門家があなたの知らないビジネスモデルの裏側を解説!の画像1画像は、Thinkstockより

 実際は安い靴をいくら売ってもたいした儲けにはならない。しかしこのお店には安い紳士靴とは別に、店の奥でひっそりと売っている、そして来店客が高く買っていく秘密の商品があったのだ。

 それは身長を、5センチから8センチも高くみせるシークレットシューズだ。実はこのお店の一番の売れ筋商品で、価格も店頭にならぶ3000円台の通常の紳士靴よりもずっと高く、8000円~1万5000円で売られていた。

 このようにびっくりするほど安い商品を売っているお店には、おうおうにして秘密があり、実は、びっくりするほど安い商品を使って集客をしていたのだ。このお店の場合安い紳士靴を使って一般客をたくさん集客する。その中の普通の顧客は収支とんとんで儲からなくてもいいのだ。その代わりお店に来たお客さんの中からちょっと背の低いお客さんに目をつける。

「普通の靴もあるけど、もっと背が高くなる靴もあるよ。履いてみる?」

 というわけだ。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

「激安の高枝切りバサミ会社」はなぜ潰れないのか? 専門家が“あなたの知らないビジネスモデルの裏側”を解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで