佐々木希と渡部建は成功した方? 生放送で結婚報告した芸人たちとその視聴率3人、大爆死したのは…!?

関連キーワード:

,

,

,

 4月9日、女優・佐々木希と結婚することを、『行列のできる法律相談所 3時間スペシャル』(日本テレビ系)の生放送でお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が発表した。この日の平均視聴率が20.2%。最高視聴率は、ロバート・秋山竜次が妻への怒りをこぼした21時2分と結婚発表直後の同39分で、ともに24.2%だった。

 日本テレビは放送前から何度も『重大発表します!』と告知。これまで同番組内で後藤輝基(フットボールアワー)や宮迫博之(雨上がり決死隊)、東野幸治らレギュラー陣からさんざんイジられていた渡部が「ネットを見ろ!」とツッコミではぐらかすパターンが繰り返され視聴者に刷り込まれていた。こう考えると、番組制作サイドの周到な術中に見事にハメられたと言っていいだろう。

 過去にもテレビの生放送で結婚報告をした芸人は多く存在している。

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳は2013年9月18日放送のテレビ朝日系『ロンドンハーツ生放送3時間SP』の番組冒頭で「きょうの朝9時、結婚しました」といきなり告白。テレビ欄に記載されていた番組タイトルは、『ロンドンハーツ3時間スペシャル 芸能人ウラでこんなことやってました 生放送でたくさん言っちゃうぞ3時間SP』はだったが改められ、『田村淳39歳ウラで結婚してました緊急生放送SP』となり、完全サプライズに成功した。“ドッキリ”を主戦場としている同番組お得意の演出で、番組平均視聴率が14.4%、瞬間最高視聴率は19.3%を記録。まずまずの成功を収めている。

 ネプチューンの名倉潤と渡辺満里奈もふたりがMCを担当していた2005年4月6日のテレビ朝日系『銭形金太郎 3時間スペシャル』で結婚を報告した。ただしこちらはサプライズ企画ではなく、前日にマスコミ各社に発表済みで世間に知れ渡っていた。同番組はビンボー生活を送っている若者をVTRで紹介。通常通りビンボー紹介に終始していたが、ラスト5分を生放送に差し替え視聴者に結婚報告し、平均視聴率19.7%を記録した。瞬間最高視聴率はふたりが生出演する直前の21時33分で27.3%だった。

 どの結婚報告も大抵は高視聴率なのだが、例外もある。2009年2月17日、ともに人気タレントの劇団ひとりと大沢あかねの結婚会見をテレビ朝日系『学べる!!ニュースショー』番組内で同番組のMCを本名の川島省吾で務める「結婚会見緊急生放送スペシャル」として放送。劇団ひとりは自らがカメラを回し、婚姻届を提出するまでを収めた映像を公開するなどの演出を施したが、当日の平均視聴率は6.7%と振るわなかった。ただ、この番組はもともと、2桁を取ることが少なく、ターゲットも高齢者層に向いていたためミスマッチを招き、数字に反映されなかったものと考えられる。

 生放送結婚報告の最大の引きは、タレントたちの素の表情にある。アドリブのように見えるバラエティ番組であったとしても基本的には台本があり、タレントたちは制作者サイドの意図を組んで番組を進める。そのときの表情は決して素ではなく演じているものだ。ただし、結婚相手との出演となるとふとしたときに照れや、プライベートでしか見られないであろう表情がこぼれることがある。視聴者の興味はそこにある。

 今後も生放送での結婚報告は企画されるだろう。しかし、この企画が視聴者から完全に飽きられる日がそろそろ来るような気がしてならない。
(文=加藤宏和)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ