木村拓哉に巨匠がブチギレ、映画祭でも失笑の嵐…! 関係者が暴露した“キムラとカンヌの因縁”とは?

木村拓哉に巨匠がブチギレ、映画祭でも失笑の嵐…! 関係者が暴露したキムラとカンヌの因縁とは?の画像1※画像:木村拓哉

 元SMAPの木村拓哉が5月のカンヌ国際映画祭のため、現地入りすることがこのほど発表された。キムタクのカンヌ入りは、これで“3度目”。自身が主演する映画『無限の住人』が、同映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に選出されたことによるものだが、キムタクは今回の現地入りに並々ならぬ意欲を見せているという。

「SMAPが解散したことで、今後キムタクは俳優として生きていくことを決意しました。だからこそ、TBSのドラマ『A LIFE』は視聴率で失敗できなかったし、『無限の住人』も異例のプロモーションを展開しています。やはり、ピンになってからもやっていけるかが問われていますからね」(芸能プロ関係者)

 キムタクは今回の映画で、日本全国を股にかけた舞台あいさつを敢行したばかりか、テレビ朝日「報道ステーション」、NHK「あさイチ」にも出演。SMAPの話題もタブーなく話すなど余念がない。そして、その最大のPRとなるのが、カンヌ映画祭にほかならない。

「世界中から著名な映画関係者が集まる世界三大映画際の一つです。招待作品は、バイヤーがどんどん買い付けていきます。その影響は日本のマーケットにも波及するため、カンヌは興行収入を増やす絶好の機会なんですよ」(配給会社関係者)

 当初出演者の現地入りは未定とされたが、選出されたことを知った時点でキムタクは“行く気マンマン”だったという。だが、それは実はPRだけが理由ではない。過去2度のカンヌにリベンジを果たしたいという事情があるようだ。映画関係者がこう耳打ちする。

「最初に行ったときは2004年、名匠ウォン・カーウァイ監督の映画『2046』に出演した時でした。でもこの時、キムタクは監督の怒りを買っていたんです」

 同関係者が言うには、SMAPの育ての親でグループ解散後はジャニーズ事務所を離れることになったマネジャーのI女史が当時、監督に「木村の出番をもっと増やせ!」とゴリ押ししたという。これに監督はブチ切れるという事件が起きていたのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ