奇習! 東北の寒村に存在した「青姦&のぞき」の風習! 見学者はオナニーまでしか許されない厳しい掟とは?

奇習! 東北の寒村に存在した「青姦&のぞき」の風習! 見学者はオナニーまでしか許されない厳しい掟とは?の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 現在の日本でも、公園や行楽地などといった野外における“青姦”と、それを見学するために集まってくる“のぞき魔”との関係は、その微妙な形で保たれている不可思議な需要と供給とのバランスにより、暗黙裡に認められている状態となっているのが実情だが、こうしたなんとも“不思議な関係”は、意外にもかなり古い時代から存在していた。

まあ、どんなに昔でも男と女はいたわけだし、やることは大して変わりゃしないわけだから、当たり前っちゃ、当たり前のことだとは思うけどねぇ(苦笑)

 かつて東北地方某所の寒村に存在していたという「青姦」&「のぞき」の習慣についてそう語るのは、当地で生まれ育ったという元自営業・田中義道さん(仮名・76)。田中さんの話によると、その地域では、「屋外でセックスを楽しみたい」という願望を持ったカップルと、それを覗きたいと考えるシングルが、互いの欲求を満たさんがために生み出したと思しき習慣が、広く定着していたという。

要はね、毎週毎週決まった場所で、決まった時間にイタすわけよ(苦笑)。するとね、それをみんな知ってるもんだから、覗きにくるわけ。本当にそれだけの話なんだよな

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ