奇習! 少女が四十路男と強制セックス! 「少女が15歳になるまで身体検査」する怪村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

kishu0424_02.jpg画像は「Thinkstock」より引用

なにせね、自分の夫になる男を選ぶことができないんだから、ひどいって言えばひどい話だよね。ほとんどくじ引きみたいなもんなんだから。だから四十路男と年端もいかぬ子だなんていうおかしな組み合わせの夫婦も、当たり前のように出ちゃう。なにせ、おっさんと子供だからね、そもそも無理のある組み合わせなんだよな

 自由な恋愛はおろか、性的な意味でも未成熟な場合も目立つという彼女たちだが、それが“内縁”とはいえ、事実上の婚姻関係となっていることから、婚礼の儀を終えた後は、すぐさま「妻」として、相手の男性の家で暮らしはじめるという。無論、そうした暮らしにおいて彼女たちがこなす役割の中には、性行為の相手も含まれてはいるが、青木さんの話によると、セックスそのものはしても、夫である男性側は「中出し」をすることは許されず、仮にそうした禁を破る形で射精してしまい、少女たちが妊娠すると、村人全員から袋叩きにされた挙げ句に、村を放逐されてしまうのだそうだ。

まあ、“男の性”といってしまえばそれまでだけれども、聞いたところによると、何年かに一回、二回くらいは、そういうこと(妊娠)もあるみたいでね。まあ、15で嫁にもらって20歳になるまで子供もつくれないんじゃ、男の方からすりゃあね(苦笑)

 いわゆる“中出し”がNGなのであれば、そもそもそうした“早すぎる結婚”をさせなければよいのだと考えるのが当然かもしれないが、この習慣は古くから当地に存在し、村人の間で当たり前のように定着してしまったものであるため、当時は誰一人として、そうした苦言を呈することはなかったという。いつの時代も、どの地域においても、習慣と呼ばれるものの多くは、得てしてこうした非合理的で不可解な要素を孕むものなのかもしれない。
(取材・文/戸叶和男)


●戸叶和男の記事一覧はコチラ

関連キーワード

コメント

1:匿名 2017年5月6日 20:21 | 返信

ライターがオナニーしながら書いてそう
オナニーして原稿料もらえるんならいい仕事だね

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。