「人類恐竜共存説」の真偽をめぐるガチバトルがアメリカで勃発! アメリカ社会が抱える“1億ドルの闇”が関係している!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

「人類恐竜共存説」の真偽をめぐるガチバトルがアメリカで勃発! アメリカ社会が抱える1億ドルの闇が関係している!?の画像6アーク・エンカウンターにある実物大のノアの方舟 「Ark Encounter」より引用

「個人的にはインテリジェント・デザイン説より、AiGみたいなガチガチの創造論の方がずっとマシだと思うんです。彼らは神を本気で信じてるんですから、聖典に描かれていることを信じるのは当然といえば当然です。その心情も理解はできる。インテリジェント・デザイン説は『この世は我々の神が作った』という支持者たちが訴えたい核心部分を、『知的な何かが作った』などとごまかすあたりがとても狡猾でした。そして何より、科学的な観察と実験によって検証されるべき自然現象の背景に、その正体も不明な『知的な何か』などという曖昧で論証不可能なものを持ち出されるのは、非常に不快だし迷惑でした」

 トランプ大統領が舵を取るアメリカでにわかに高まりつつある、進化論VS創造論の(何度目かの)バトル。日本人の多くにはバカらしく映るだけかもしれないが、現実に1億ドルもの金が動いている現実がある。今のアメリカ社会を語るうえで欠くことのできない論点の一つである。
(吉井いつき)

 

アーク・エンカウンターの内部紹介 「YouTube」より


・理学博士シリーズはコチラ


参考:「EXPRESS」、「INQUISITR」、「Answers IN GENESIS」、ほか

コメント

2:匿名 2018年5月19日 20:04 | 返信

所で神道から見て進化論とは何なのか?

1:匿名 2017年5月8日 15:06 | 返信

似非宗教団体にありがちな「迷信」

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。