北朝鮮・米国の開戦に備え始めた日本のTV局! 最悪の事態を想定した話し合いの内容とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

 戦争状態の中でCMを流してほしい企業など皆無だろうが、契約を交わしている以上、テレビ局としても気を配る必要があるようだ。

 さらに現場レベルでの話し合いもあるという。

「報道やアナウンス室の人間は各種警報が出た際の情報提供の優先順位、言葉遣いの注意点などを確認し合っています。いずれも戦争を経験したことがないため、現実味がないものの、必死に想像しながら模索しているといった印象ですね」(同)

 すでにテレビ局としては万が一の事態に備えて動き出しているようだ。このような準備が無駄になるよう、何も起こらないことを願うばかりだが……。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。