「フェラーリやるから愛人になれ」大手企業社長が有名女子アナBと愛人契約!? 芸能界の酒池肉林のパーティ全貌とは?

「フェラーリやるから愛人になれ」大手企業社長が有名女子アナBと愛人契約!? 芸能界の酒池肉林のパーティ全貌とは?の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 乃木坂46の人気メンバーで、今年2月に卒業したばかりの橋本奈々未(24)が、大手レコード会社「ソニー・ミュージック・エンタテインメント」の取締役を務めるチョイワルオヤジ風の男性(53)によって“私物化”されていると「週刊文春」が報じた。これに対し橋本は、乃木坂46の公式HPで反論。自分と男性の間に「隠さなければならないことはない」「後ろめたいことはない」と説明し、疑惑について完全否定した。しかし、政界や財界、闇社会までもが入り乱れる芸能界では、新しい“パパ”を持つ女性芸能人は珍しいことではない。というより、水面下ではまかり通っているのが実情だ。芸能裏事情に詳しい関係者が声を潜める。

「芸能人同士の飲み会やパーティーに、違う世界の人間を呼ぶ人物がいるんですよ。元芸人だったり、半グレだったり、いろいろなんですが、とにかくコネクションが広い。そこで知りあって、うまくいけばパパになる。例えば、大手IT会社のA会長は、在京キー局の超有名女子アナのBに『フェラーリやるからオレの愛人になれ』と言って口説いたのです」

 このBは、好きな女子アナの上位に必ず食い込む人気アナだ。また、A会長も超やり手として知られ、IT会社を起業し今や大金持ち。もし、そんな2人が“パパと娘”の関係だったとすれば、大スキャンダルになるのは間違いない。さらに、同関係者が続ける。

「昔、日本テレビの『恋のから騒ぎ』の女性出演者も、会社経営者や有名スポーツ選手らと夜な夜な飲み会をしていました。中でも、美形ルックスでキャラ立ちしていたCとDはオジサマたちからの覚えもめでたかった。そしてある時、財界の重鎮からお呼びがかかって温泉に行ったんです。そこでは酒池肉林の宴が繰り広げられ、2人には“お小遣い”としてそれぞれ2,000万円が振り込まれたとか。ちなみに、当時Cは日テレ社員と、DにはTBS社員の彼氏がいたんですけど、あくまで“パパ”ですから関係ないんでしょうね。たくましいものです」

「恋から」卒業後もCとDは芸能界で大活躍。表面上はパパがいたとは微塵も感じさせないだけに、「どんな清純派の女性芸能人でも、パパがいても何ら驚くことではない」と同関係者は言う。

 ドス黒い欲望渦巻く芸能界に、清純派なんていないのだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ