二重あご、完全おばさん化…「かつて美女だったのに急激に劣化したタレント3人」を暴露! 関係者が目撃レポート

関連キーワード:

,

■最新劣化女性タレントはこの3人!

 美人ゆえに気になる劣化現象。ビジュアルが大切な女優にとってはつらい事実かもしれないが、劣化を自覚することで自分らしい美しさや輝きを取り戻す者もいる。今回はそんな劣化問題の中心人物最新版を挙げてみた。

・片瀬那奈

 久しぶりに公の場に出てきたと思ったら、明らかな顔の劣化に唖然とさせられる芸能人は意外に少なくない。今春のその筆頭は、女優の片瀬那奈。4月20日に都内で行われた話題映画『美女と野獣』の公開記念イベントにゲスト出演し、作品のヒロインをイメージした”ベル・イエロー”で身をつつんだワンピース姿で登場したというが……。

「見た瞬間、顔にこんなにシワがあっただろうかと驚かされました。鼻の下からくっきりとほうれい線が現れて、35歳にしては明らかに劣化しています。ワンピースからチラ見せさせていた艶かしい美脚は健在でしたが、顔は痩せてシワっぽくなった印象。それなのに、作品にちなんで自身の野獣的な部分を問われると、『獲物を狙ったらはなしません。いつだって狙っていますから』と目をギラつかせていたのが逆に恐かったぐらいです」(芸能ライター)

 

・芹那

 一方、このところ、バラエティから主戦場を舞台に移している元SDN48の芹那。先月5日から9日まで公演が行われた舞台『野良女』のゲネプロを取材したWeb媒体記者によれば、

「バラエティ全盛時代はスポーツ選手やお笑い芸人との浮き名を流し、売名行為とも非難されていた芹那ですが、囲み取材のコメントでもいちいち『う~ん、え~と……』と甲高く甘ったるいわざとらしい声でもったえぶり、周囲を苛立たせるキャラは健在でしたが、アラサーになったこともあり、体全体が大きく太く、顔はげっそりやつれ気味という、いわゆる完全に“おばさん化”していました。かつては自慢だった美脚もいまや大根足。もはや元アイドルとはとても思えません」とか。

  露出の減った元アイドルが劣化していくのはよくあるパターンだが、適度に露出を続けているのに劣化の進行が止まらない者もいる。

・菊池亜美

 それが元アイドリング!!!の菊池亜美。近年は炎上を招く毒舌に、自身の体型ではダイエットとリバウンドを繰り返しているが、3月30日に都内で行われた『お花見CHANDON 2017』のオープニングイベントにゲスト出演した際には、

「2月にヒロミがプロデュースした腹まわりのシェイプアップを促す器具を使ってウエストの10cm減を報告していたにもかかわらず、この日はミニワンピースの下からのぞかせた脚はスリムでしたが、明らかに必要以上の肉がついているとわかる中腹部でアンバランス。相変わらず、すぐにリバウンドしてしまうようです。顔もふっくら二重あごで、もはや事務所のプロフィール写真は詐欺同然。現場マスコミの間でも『いっそのこと、渡辺直美のように、デブキャラにシフトしたほうがいいんじゃないの!?』と失笑されていましたね」(スポーツ紙記者)

 公の場に露出するのが仕事の芸能人だけに、顔や体のお手入れには手を抜かないでほしいものだ。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

二重あご、完全おばさん化…「かつて美女だったのに急激に劣化したタレント3人」を暴露! 関係者が目撃レポートのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで