死体を“水酸化ナトリウム鍋”で煮込んだ事件の衝撃結末とは!?「人間を完全に溶かす毒」の存在を徹底検証!【ググっても出ない毒薬の手帳】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

・塩酸で人間は溶けるか?

 2011年千葉県において、工場で塩酸のチャンバーに作業員が落ちるという事故がおきています。また、海外でも塩酸タンクに人がいることを確認せず充填し、死亡事故が起きています。いずれの場合も、ほぼ即死のようなものですが、死体は殆ど塩化物に覆われた状態で「石膏像のミイラ」のようになっていましたので、溶けて消えるというにはほど遠い状態です。

・水酸化ナトリウム(アルカリ)で人間は溶けるか?

 酸でだめならアルカリ…ということになりますね。2011年のYahoo!知恵袋に「飼っていた大型犬が亡くなったので薬品(水酸化カリウム)で溶かしたい」という投稿があり、どうすれば溶かせるか、本当に犬についての質問なのかということも含めて話題になったのを覚えている人も多いでしょう。

死体を水酸化ナトリウム鍋で煮込んだ事件の衝撃結末とは!?「人間を完全に溶かす毒」の存在を徹底検証!【ググっても出ない毒薬の手帳】の画像3画像は、「Yahoo! 知恵袋」より

 これについては、2010年の八王子ホスト殺人事件である程度結論が出ています。この事件では、実際に強塩基(強いアルカリ)の水酸化ナトリウムで死体を煮込み、それを下水に流して隠滅していたことが裁判で明らかになりました。逮捕の決め手になったのは、下水に「歯のインプラントの部品」が発見されたこととされていますが、犯人の供述によると「大きな骨は溶けきらなかったため、バーベキューを装い、川に捨てた」とあります。ということは、アルカリを使って骨まで見事に溶かして消し去ることはできなかったということになります。

 ではやはり薬品で人を溶かすのは不可能なのでしょうか?? 後編ではその辺に迫ってみましょう。
(文=くられ)

●くられ

死体を水酸化ナトリウム鍋で煮込んだ事件の衝撃結末とは!?「人間を完全に溶かす毒」の存在を徹底検証!【ググっても出ない毒薬の手帳】の画像4

 添加物を駆使した食欲の失せるカラフルな料理やら、露悪的で馬鹿げた実験を紹介していく、「アリエナイ理科ノ教科書」の著者、サイエンスライター。公演やテレビ出演なども多数。無料のメールマガジンも配信している。ひっそり大学で先生をしてたりもする。WEBや雑誌での薬と毒関連の連載をまとめた新刊『悪魔が教える 願いが叶う毒と薬』(三才ブックス)が好評発売中。

KURARERAKU
アリエナイ科学メルマ


【これまでの猛毒一覧】

・ 青酸カリ「前編」「後編
・ リシン「前編」「後編
・ クロロホルム「前編」「後編
・ 一酸化炭素「前編」「後編
・ 覚せい剤「前編」「中編」「後編
・ トリカブト「前編」「後編
・ タリウム「前編」「後編
・ ドクウツギ「前編」「後編
・ ヘロイン「前編」「後編
・ フグ毒「前編」「後編
毒キノコ
・テタヌストキシン「前編」「後編
・大麻「前編」「中編」「後編
ドウモイ酸
・ヒ素「前編」「後編
・「ドクササコ
・「ライチ
・「暗殺に使われる毒の色々VX、リシン、ボツリヌスetc
・VXガス・サリン「前編」、「後編
・ゾンビ化ドラッグ「前編

関連記事

    コメント

    1:匿名 2017年11月2日 20:22 | 返信

    ドクターストーンの科学監修さんじゃねえか
    しかしこのページでググって出る様になったな

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。