5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明、「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致、これは超ヤバい事態!

5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明、「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致、これは超ヤバい事態!の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 楽しかったGWが明けたばかりだが、物騒な情報が飛び込んできた。なんと、5月13日に九州北部でM7前後の大地震が起こるかもしれないというのだ。戦慄の警告を発している科学者とは、以前の記事でも何度か紹介した、立命館大学歴史都市防災研究センター所長の高橋学教授。その予測は、過去に国内で起きた地震をデータベース化して導き出した“大地震のクセ”に基づくものだという。13日までは、すでに1週間を切っている。至急、詳細について紹介することにしたい。


■“大地震のクセ”が九州北部で……!

 2014年6月の記事で紹介したように、高橋氏は1930年代以降に国内で起きた有感地震すべてをデータベース化し、日本で巨大地震が起こる際の法則を見つけた。それが以下のようなパターンだ。

1. それまで地震がほとんどなかったところで、M2~4の地震が連続して発生。
2. 約60日前後の静穏期。
3. M2~M4程度の地震発生。
4. 半日~3日後に巨大・大地震が発生。

日刊ゲンダイ、2017年5月6日)

 3年前に比べると若干変更が加えられているが、最新の研究成果によって見直しがなされたようだ。いずれにしても高橋氏は、この法則によって日本のみならず南米各国やフィリピン、ソロモン諸島で発生した数々の地震発生を予測し、的中させてきた。

 そして今回、高橋氏が九州北部に注目したきっかけは、3月13~21日に福岡県北西沖で4回発生した震度1~2の地震だった。この地域では珍しい、7カ月ぶりの地震だ。さらに4~5月にかけては、西之島新島(小笠原諸島)の噴火や桜島の噴火などの火山活動も目立つようになった。これらの状況を踏まえ、高橋氏は次のような警告を発しているのだ。

「火山の状況と経験則を鑑みれば、福岡北部で地震があってもおかしくありません。連休明けの5月13日前後が要警戒です」(日刊ゲンダイ、同上)

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ