5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明、「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致、これは超ヤバい事態!

5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明、「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致、これは超ヤバい事態!の画像2イメージ画像:「Thinkstock」より

■過去の巨大地震発生パターンに合致

 念のため、実際に日本を襲った巨大地震が、高橋氏が語る巨大地震発生のパターンに当てはまっているのかどうか、まとめておきたい。順に、発生時期・地震名(規模)・前兆揺れと回数・静穏期・直前揺れ、となる。

1995年1月 阪神・淡路大震災(M7.3) 3カ月ぶり2回 69日 半日前
2004年10月 新潟県中越地震(M6.8) 2カ月ぶり8回 45日 半日前
2016年4月 熊本地震(M7.3) 4カ月ぶり2回 64日 2日前
2017年5月 九州北部(??) 4カ月ぶり4回 約55日経過 ??

 もちろん、最下段は現在進行中の事態となるが、じっくり見てほしい。3月の連続地震から約60日間の静穏期を経て、今月13日頃にM2~4程度の地震(直前揺れ)が起きれば、いよいよ半日~3日後(13~16日)には九州北部で大地震が発生するということだ。なお、現時点では、まだ福岡県北西沖で直前揺れに該当する小規模地震は起きていない。


■科学界、宗教界、超能力分野、陰謀論界隈が同時警告!

 福岡県で起きた大地震といえば、2005年3月20日の福岡県西方沖地震(M7.0、最大震度6弱)が記憶に新しい。この時は、負傷者約1,200名、住宅全壊約140棟という、福岡市付近では有史以来の最大規模となる被害をもたらした。同地域において、もしもこれを上回る規模の地震が起きたら、極めて甚大な被害が懸念される。また九州北部といえば、昨年4月の熊本地震から約1年を経たタイミングでもある。これから、さらに大きな地震が被災地を襲うということなのだろうか?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ