モンスターと呼ばれた8歳少年、歪み続ける顔とイビキ ― 3000人に1人「レックリングハウゼン病」とは?

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

モンスターと呼ばれた8歳少年、歪み続ける顔とイビキ ― 3000人に1人「レックリングハウゼン病」とは?の画像1画像は、「Daily Mail」より

 「レックリングハウゼン病(以下、NF1)」と呼ばれる、皮膚の病変を特徴とした遺伝性の疾患がある。指定難病でもあるこの病気は約3,000人に1人の割合で発症し、日本国内では推定約40,000人の患者がいるとの報告も。NF1を発症すると、神経線維腫と呼ばれる良性の腫瘍や茶色のシミが全身に現れ、中には“悪性末梢神経鞘腫瘍”と呼ばれる悪性の腫瘍を発症する可能性もあるため経過診察が必要となる。腫瘍の出かたや大きさは患者によって違うが、米国アラバマ州にNF1を患った“モンスター”と呼ばれる少年がいると、英国紙「Daily Mail」が報じた。

モンスターと呼ばれた8歳少年、歪み続ける顔とイビキ ― 3000人に1人「レックリングハウゼン病」とは?の画像2画像は、「Daily Mail」より
モンスターと呼ばれた8歳少年、歪み続ける顔とイビキ ― 3000人に1人「レックリングハウゼン病」とは?の画像3画像は、「Daily Mail」より

 アラバマ州に住む8歳の少年アマレ・ストーバーは、NF1を発症した患者の1人。顔の左側を中心に発生した巨大な腫瘍はアマレの顔を歪ませ、瞼も腫瘍のために分厚く腫れ上がり彼の左の視力を奪っている。腫瘍は今も成長を続けており、医師は彼が完全に視力を失う前に腫瘍の摘出手術を行う必要があると警笛を鳴らす。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?