【警告】富士山噴火は東京オリンピック前に起きる!! 学者たちも“不穏な兆候”に戦慄、噴火前には東京湾を巨大津波が襲う可能性も!

【警告】富士山噴火は東京オリンピック前に起きる!! 学者たちも不穏な兆候に戦慄、噴火前には東京湾を巨大津波が襲う可能性も!の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 このところ、伊豆・小笠原諸島で不穏な兆候が現れている。まず、3月24日に伊豆諸島のベヨネース列岩という岩礁群で海面に変色が見られ、海底火山の噴火警報が出された。そして4月20日には、西之島新島が1年5カ月ぶりに再度噴火した。ここで心配になってくるのは、同じ東日本火山帯に位置する日本最大の活火山、富士山の噴火だ。今回は、富士山が近く活動を開始する可能性について探ってみることにしたい。


■複数の学者が危機感を表明

 読者にとって「ベヨネース列岩」という名称は馴染みが薄いかもしれないが、これは伊豆諸島南部、東京から400kmほど南にある岩礁群のことだ。その東8kmに位置する海底火山「明神礁」のカルデラ縁上にある。この呼称は、19世紀にフランスの戦艦「J・R・バイヨネーズ」が発見したことに由来する。明神礁はたびたび噴火を起こす海底火山であり、1952年には海上保安庁の測量船・第五海洋丸が噴火に巻き込まれて沈没し、全乗員が死亡する事故が起きた。

【警告】富士山噴火は東京オリンピック前に起きる!! 学者たちも不穏な兆候に戦慄、噴火前には東京湾を巨大津波が襲う可能性も!の画像2ベヨネース列岩 画像は「Wikipedia」より引用

 そして今回、このベヨネース列岩や西之島の活動が活発化してから、複数の専門家が警戒の声を上げているのだ。まず、武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏は、「同じ火山帯でつながっている箱根や富士山でも同様の噴火が起こる可能性は否定できない」(ZAKZAK、2017年4月26日)と警告している。

 また、これまで多くの大地震や火山噴火を予測し、的中させてきた木村政昭・琉球大学名誉教授は、最近の日本列島では大きな地震がなく、静かすぎることが不気味だと指摘し、もしも伊豆・小笠原諸島周辺で大地震が起きた場合、さらなる脅威につながると予測している。それこそが、富士山の噴火だ。


■富士山は噴火に向け準備を整えている

 木村氏は、次のように警告を発する。

【警告】富士山噴火は東京オリンピック前に起きる!! 学者たちも“不穏な兆候”に戦慄、噴火前には東京湾を巨大津波が襲う可能性も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで