浜崎あゆみの超絶劣化が止まらない理由がヤバい! 肉団子体型&謎のHカップに至った“痛すぎる勘違い”を関係者が暴露

浜崎あゆみの超絶劣化が止まらない理由がヤバい! 肉団子体型&謎のHカップに至った痛すぎる勘違いを関係者が暴露の画像1画像は「浜崎あゆみ – Instagram」より引用

 歌手の浜崎あゆみの超絶劣化が止まらない。全国ツアー「Just the beginning -20- TOUR 2017」を横浜アリーナからスタートさせた浜崎だが、それを報じる各メディアの写真には、ふっくらした顔と、樽のように肥えた胴体、そして丸太然とした太ももがハッキリと映っており、さっそくネット上では「女子プロレスラーか!?」と驚きの目で見られているのだ。

「数年前から浜崎の“異変”には注目が集まっていました。音楽番組に出演したときも、何やら目元がアイプチのような不自然な印象でしたし、『太ってきているのでは?』と指摘されていたのです。身長も157cmと小柄なうえに手足も短いので、太ると肉団子のようなビジュアルになってしまう。もはや、かつての歌姫の面影はありません」(スポーツ紙記者)

 匿名投稿サイト「2ちゃんねる」では、浜崎のスレッドが立つたびに、ライブでタイツ姿の浜崎が空中からぶら下がっている画像が貼り付けられ「チャーシューかよ!」と失笑の対象になっている始末だ。悪意のあるユーザーが画像を加工していると思われる画像も一部にはあるが、90年代終わりから2000年代始めのほっそりしたころと比べても、かなり増量しているのは間違いないだろう。

 それにしても、なぜこんなぽっちゃりボディになってしまったのか。音楽関係者がこう耳打ちする。

「理由はマドンナですね。浜崎はミュージックビデオやライブでの衣装、メーク方法に至るまで、『マドンナのパクリ?』と疑ってしまうほど似せていることで知られます。まあ、それだけリスペクトしているということですが、オフの過ごし方までマネしてしまったんですよ」

 マドンナといえば、オフのときは誰だか判別できないほど激太りすることで有名。それでも、ライブ近くになるとハードなワークアウトと徹底的な食事制限でスリムな体を取り戻す。一方、浜崎はオフからオンに切り替えることができないらしい。

「おそらく、仕事が入らない期間が長いと油断してしまうのでしょう。ライブ近くになれば、マドンナのように節制すればよいと考えているようですが、代謝が落ちているから間に合わない。つまり、“オフのマドンナ”に似てしまったというわけです」(同関係者)

 それにしても、もう一つ気になるのは浜崎の爆乳化だ。かつては推定Cカップだったのが、今やHカップはありそうな重量感。仮に太ったことを加味したとしても、胸の谷間がここまで深いのは“入れパイ”まで疑いたくもなる。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ