「CERN」実験のヤバすぎる5つの秘密! シュタゲが現実に…LHC衝突実験で宇宙崩壊、地震誘発、人類滅亡!

 アニメ『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)では、架空組織「SERN」が保有する「LHC」がタイムリープマシンとして登場、パラレルワールドへの干渉に一役買うが、現実ではさらに奇妙な事が起こっていたようだ。


■CERNのヤバさはパラレルワールド破壊だけじゃなかった!

「CERN」実験のヤバすぎる5つの秘密! シュタゲが現実に…LHC衝突実験で宇宙崩壊、地震誘発、人類滅亡!の画像1画像は「Disclose.tv」より引用

 先日トカナでもお伝えしたように、アメリカ人少年、マックス・ローハン君(13)が、ジュネーブ郊外にある素粒子物理学の総本山「CERN」(セルン:欧州原子核研究機構)に対し強い危機感を表明。同施設が保有する「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」による粒子の衝突実験により、近隣のパラレルワールドが破壊されたかもしれないと語った!

ローハン君の詳細記事はコチラ

 もちろん「CERN」は、「神の粒子」ことヒッグス粒子の存在を発見するなど、物理学に飛躍的な進歩をもたらしてきた。また、各国の研究者が瞬時に情報へとアクセスできる画期的なシステムを初めて考案した、「インターネット発祥の地」でもある。しかし、これらはあくまで表の顔――。

これまでトカナでは「LHC」がもたらすかもしれない深刻な“副作用”を何度も警告してきた。その脅威は、ローハン君が危惧するパラレルワールドの破壊だけにとどまらないのだ。これを機にもう一度「CERN」のヤバさと裏の顔をおさらいしておこう。


■宇宙が崩壊する

「CERN」実験のヤバすぎる5つの秘密! シュタゲが現実に…LHC衝突実験で宇宙崩壊、地震誘発、人類滅亡!の画像2画像は「CERN公式ウェブサイト」より引用

 LHCは毎秒何億回も粒子を衝突させ、多元宇宙論(マルチバース)の鍵を握ると考えられている「マイクロブラックホール」の解明にも取り組んでいるが、世界的理論物理学者であるスティーブン・ホーキング博士をはじめ、「この研究を続けていくと最終的に宇宙が崩壊する」と批判する科学者もいるのだ。

 その理由は、統計的にヒッグス粒子があまりに不安定な為、仮に実験の中で安定状態に近づけることに成功すると、真の真空状態が生じ、より低エネルギーの真空が光速度で膨張することで宇宙全体が破壊さてしまうからだという。

 余剰次元に存在するとされるパラレルワールドの解明に必要な研究とのことだが、それと同時に我々の宇宙も滅亡してしまう可能性がある。CERNの研究は致命的な不確定要素を抱え込んでいるのだ。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ