【奇病】インドに住む“呪われた一家”の実態 ー 90年間続く“合指症”ファミリーの不思議な信念

関連キーワード:

,

,

,

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【奇病】インドに住む呪われた一家の実態 ー 90年間続く合指症ファミリーの不思議な信念の画像1画像は、「Дезинфо.нет」より

 2014年に全国にある331の分娩施設を対象に行われた調査によると、日本国内における奇形児の出産頻度は2.47%だと判明した。奇形児の発生原因には、母体の人体に影響を及ぼす化学物質の摂取やアルコール中毒といった様々な原因が考えられるが、先天性による疾患も少なくない。調査報告の中で最も多く見られた“心室中隔欠損”も、先天性疾患の1つだ。

【奇病】インドに住む呪われた一家の実態 ー 90年間続く合指症ファミリーの不思議な信念の画像2画像は、「Дезинфо.нет」より

 また先天性異常の中には“指”の異常も含まれており、2本以上の指が癒合する「合指症」が見られる。妊娠初期の段階で指先が分離しないことが原因で発症する同疾患は、1,000人に1人の割合で「合指症」を発症した子どもが生まれているという。英国紙「Daily Mail」はインドに代々「合指症」を発症し、“呪われた一家”と呼ばれる家族が住んでいると報じた。

関連キーワード

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?