【近親相姦】優秀な18歳の実娘をレイプ後、殺害した鬼畜親父! 世界に広がるインセストの危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

【近親相姦】優秀な18歳の実娘をレイプ後、殺害した鬼畜親父! 世界に広がるインセストの危機の画像1画像は、「fox4kc.com」より

 日本国内でも近親相姦が原因による殺人事件は報道されており、中でも1968年に栃木県で起きた“栃木実父殺し事件”は有名だ。これは14歳の幼い娘が実の父親から性的虐待を受け、その後15年にわたって5度の出産と、6度の人工中絶を強いられた末に父親を殺害している。

動画は、「fox4kc.com」より

 また2013年にはオーストラリアで、“近親相姦農場”と呼ばれる近親間での性的交渉を続ける家族が発見された。彼らの家庭環境は劣悪で、近親間に生まれた子どもにまで性的虐待が行われていたという。その後地元当局は、先天性異常児を含む12人の子どもを保護している。このような近親相姦による悲惨な事件が注目される中、昨年3月には米国ミズーリ州の都市カンザスシティでも、18歳のダイザ・バウスビーが実の父親ジェリーに殺害される事件が起きた。ジェリーは第1級殺人罪の他に、近親相姦や性的虐待の罪にも問われている。

【近親相姦】優秀な18歳の実娘をレイプ後、殺害した鬼畜親父! 世界に広がるインセストの危機の画像2画像は、「THE KANSAS CITY STAR.」より

 犯行が行われた翌日、モーテルの1室からダイザの遺体が見つかった。地元当局の発表によると彼女の死因は窒息死で、遺体の第1発見者は清掃員だったという。モーテルの記録からは事件前日の夜に彼女の父親がチェックインしていたことが判明しており、またDNA鑑定の結果から地元警察は犯人をジェリーと断定。殺害されたダイザは成績も良く、チアリーディング部のキャプテンも務めていた優秀な生徒で、教師や友人たちは彼女の早すぎる死に涙を流した。

 2012年にはカリフォルニア州でも、当時32歳の母親が16歳の息子と性的交渉を行ったとして逮捕される事件が発生。近親者による性的虐待事件が相次いで報告される中、世界を見渡せば近親相姦を罰する法律が制定されていない国や地域もあるのが現状だ。

 近親相姦だけでは飽き足らず未来ある娘の命まで奪った父親には、残りの人生を牢獄の中で過ごしてもらいたいものだ。


参考:「THE KANSAS CITY STAR.」、ほか

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?