「事故物件から、不気味なお経が聞こえてくる」腐乱死体が発見されたマンションを襲う心霊現象を徹底取材!【音声アリ】

「引っ越し先のマンションで、隣室が事故物件だった。しかも、毎晩“お経”のような声も聞こえてくる――」

 そんな恐ろしい体験をツイッター上で告白し、現在話題になっているのは、サウンドドラマ「師匠シリーズ」の原作者として知られる小説家のウニ氏だ。今回、魔女であり霊能力も持つ筆者は、まさに現在進行形で降りかかってきているという怪奇現象について直撃取材を敢行した。


■隣室から響いてくる“お経”、インターホンの画像

 まずは、ウニ氏自らYouTubeにアップした問題の“お経”をお聞きいただこう。

ウニ氏がアップしたお経の瞬間 動画は「YouTube」より

 一聴する限りでは機械音に聞こえるが、「ゔーゔー」という人の声にも感じられるうえ、そのリズムや抑揚は確かに“お経”に似ている。この映像は、公開後1カ月を待たずして20万回以上も再生され、数々のネットメディアで取り上げられるなど、世間を恐怖のドン底に突き落とした。

 先月21日、ウニ氏は隣が事故物件とは知らぬまま、東京23区外にあるこのマンションに引っ越してきた。築9年で家賃4.2万円という、信じられないほどの好条件だったという。しかし、異変は引っ越しの当日から起きた。日に数回、どこからともなくこの“お経”が鳴り響いてきたのだ。

「事故物件から、不気味なお経が聞こえてくる」腐乱死体が発見されたマンションを襲う心霊現象を徹底取材!【音声アリ】の画像1インターホンに残っていた警察官の画像(写真提供:ウニ氏)

 ただならぬ気配を感じ取ったウニ氏は、あの有名な事故物件情報サイト「大島てる」でマンションについて調べてみたところ、戦慄の事実が判明する。そう、4年前の平成25年9月1日、隣室で腐乱死体が発見されていたのだ! そして、なおも恐怖は続く。

「引っ越してから、インターホンを確認すると、前の住人が退去されてから間もないためか、映像が残っていたんです。その中に警察官と思われる方の姿がありました……」(ウニ氏)

 やはり、かつて隣室で恐ろしい出来事が起きていたことだけは間違いないようだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ