【音声アリ】「事故物件から、不気味なお経が聞こえてくる」腐乱死体が発見されたマンションを襲う心霊現象を徹底取材!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

uni_2.jpg壁を調べる筆者(写真提供:深月ユリア)

■調査開始、しかし筆者の身体に異変が……!

 そして、いよいよ筆者はすずき氏とウニ氏の部屋に入った。意外にもそれほど悪い念は感じられなかったが、若干重たい空気が立ち込めているようだ。

「引っ越してから、体調が悪くなって、咳も酷いんですよ」

 こう語るウニ氏は、取材中も頻繁に咳をしていた。すずき氏によると、咳や吐き気は、体内に何らかの異物が入った時に「出さなければならない」という身体の防御反応であるとのこと。すずき氏自身も、心霊番組に出演したり心霊スポットに足を運ぶ際、しばしば咳が出ることがあるようだ。

uni_4.jpgこの壁の向こうは事故物件(写真提供:深月ユリア)

「ただ、なぜか今回の物件は、そこまで悪い感じがしません。もしも死者の霊がマンションに残っていて、それが何かを伝えようとしているのであれば、『私にはあなたの存在を理解する力がないので、どうかお戻りください』とお願いしてみると良いと思うのですが……」(すずきじゅん氏)

 ウニ氏を悩ませる“お経”は、隣室とを隔てる壁の向こうから響いてくるという。1日に数回、だいたい昼と夜23時半ごろに聞こえるそうだ。隣室で異変が起きていることは間違いないのだが、現在は誰かが住んでいるのだろうか? 隣室の前へと向かった筆者は、ドアに耳をすませてみた。するとその時、人の気配は感じなかったが、筆者は突然の激しい頭痛に襲われた。

 通常、霊は電磁波とよく似た“霊波”を発していることが多い。そのため、霊感の強い筆者は心霊スポットに行くと、頭が痛くなることがよくある。今回も邪念こそ感じられないが、やはり隣の部屋には“何か”がいるのかもしれない。熱心な仏教徒が入居し、“お経”を唱えているだけならば何も問題はない。しかし、もしも隣室にこの世のものではない“何か”が棲みついており、そのことに気づいてしまった住民が、力を抑え込もうと毎日必死に“お経”を唱えているとしたら――?

コメント

5:匿名 2018年1月30日 19:23 | 返信

魔女であり霊能力も持つ筆者
毎回毎回言うけど、本当にそう言うのある人って言わないよねw

4:匿名 2017年6月3日 04:00 | 返信

やっぱウニは持ってるなぁw

あとCMならわざわざ引越しもせんし
同人のほうやるでしょ、ドラマcdじゃウニにゃ金入らんよw

3:匿名 2017年5月31日 10:37 | 返信

申し訳ないけど、電マの音だと思うw

2:匿名 2017年5月31日 09:54 | 返信

やっぱダメだな。魔女w

1:匿名 2017年5月31日 02:42 | 返信

なんだCMか。
ていうかさー、お経って不気味かね?
ありがたい感じしかしないけどな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。