【緊急警告】千葉・三重の「メガマウス」は大地震の前兆!! 7月下旬までにM6以上は確定的か!? 9つの前例で判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

動画は「朝日新聞社」より

 メガマウス以外に大地震の前に現れるといわれる深海魚では、中国語で「地震魚」の異名をもつ「リュウグウノツカイ」もよく知られており、実例も数多く存在する。だが、筆者のデータ解析によると、確率的にはリュウグウノツカイよりもメガマウスの方が、出現後に大地震が起きる可能性が高いようだ。少なくとも今後1カ月、M7以上の大地震の場合は最大2カ月間ほど、つまり7月下旬までは東北~関西の太平洋側における海溝型地震、あるいは内陸地震に十分注意していただきたい。


百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。Webサイト/ブログ:『探求三昧』『神秘三昧』『防災三昧』、Twitter:@noya_momose


参考:「NHK NEWS WEB」、「朝日新聞 DIGITAL」、ほか

コメント

7:匿名2017年5月28日 04:51 | 返信

久々に揺れたわ

6:匿名2017年5月27日 22:06 | 返信

>1, >2の言う通り

毎回ネタなのか何なのかもよくわからん駄文ばっかなんだよなぁ。まぁ自称研究家だから、専門家ではないし何言っても責任ないからね。

ただネタでももっと地学なり何なり勉強したほうがいいよ。海溝型地震と内陸型地震はメカニズムが違うし、ダイオウイカとかも話題にならないだけで水揚げはされてるわけ。

毎度知識が薄っぺらいんだよ。

5:匿名2017年5月27日 17:30 | 返信

震源から離れてるのはビックリして逃げて泳いできたからかもね。

あと、日本でマグニチュード6程度って年に何回起こるんだろう。わりと頻発してるなら相関関係は意味がなくなりそう。

あと、海外の事例も調べて欲しいね。
加えて他の魚の話も。メガマウスだけなのはなぜ?

4:匿名2017年5月27日 17:24 | 返信

「大半の」ってあるからまぁもしかしたら関係あるかもね。でも日本で一年にマグニチュード6程度って何回起こるものなのかしらん。わりと頻繁なんだったら直近になんかしら地震があるのは当たり前になっちゃうね。

海外の事例は調べてないのかな?
海外まで含めて、因果関係まではいかなくても、直近で地震が起きてる、というのが示せれば面白そう。

他の魚でも調べてみるとか。

震源から遠いことがあるのは、ビックリして逃げて泳いできたからかなぁ。

どのみちトンデモなら可能性を楽しんでみようず。

3:匿名2017年5月27日 17:23 | 返信

真面目によんで
(って途中からつじつま変だったけど)
寄稿者みて ガセだとわかる悲しさ
時間返せよ

2:匿名2017年5月27日 14:10 | 返信

>1のとおりだね。
百瀬くんは、もうちょっと地学の勉強をしてから記事を書いた方がいい。
恥ずかしいよ。

1:匿名2017年5月27日 10:26 | 返信

はいはい、ダイジシンダイジシン。
いや、だからさぁ
自分でメガマウスの出現場所に対する
地震の発生した範囲が広いって言ってて
なんで「それが関係している」って言えるの?
例えば三陸近海でメガマウスが出て、
震源が三陸沖とかならわかるけど
三重とかに出て東北とかって
「地球のどこかで起きる」って言ってるのと
変わんないと思うんだけど。
そう言うと「震源は点では無く線」とか
もっともらしい事言って逃げるのが
容易に予想できるけどねw
けどしかし、海溝と内陸を同列で言うなんてw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。