北朝鮮サイバー軍が「先進国に勝つ方法」を発見してしまった! 社会的インフラの“設計ミス”が招いた超ヤバい事態とは?

北朝鮮サイバー軍が「先進国に勝つ方法」を発見してしまった! 社会的インフラの設計ミスが招いた超ヤバい事態とは?の画像1画像は、Thinkstockより

 5月12日、イギリスの医療機関のネットワークが身代金要求型のランサムウェアに感染して大規模な範囲で機能停止に陥った。その後の分析で、どうやらこのウイルスは北朝鮮のサイバー軍がばらまいたものではないかと見られている。

 根拠としては「2014年に北朝鮮がソニーピクチャーズを攻撃したウイルスとの共通性を隠そうとする痕跡が見つかった」というものだ。その後、別のウイルス対策企業でも次々と北朝鮮のサイバー軍のプログラムとの類似性が明らかになったことで、震源地は北朝鮮で間違いないとされている。

 さて、これが北朝鮮のサイバー軍による攻撃だとすれば、今後も繰り返される可能性を考慮する必要があり、以下の点を理解しておいたほうがいい。


●暗殺された金正男の組織→海外に最新IT危機を購入に行ける

北朝鮮サイバー軍が「先進国に勝つ方法」を発見してしまった! 社会的インフラの設計ミスが招いた超ヤバい事態とは?の画像2画像は「NEW STRAITS TIMES」より引用

 まず最初に覚えておいた方がいいのが北朝鮮のサイバー軍がどのような組織かということだ。この軍隊は故・金正男が北朝鮮の陸軍大将だったときに組織した軍隊だ。今は当然ながら金正恩の指揮下にあるのだが、設立の経緯からこのサイバー軍は金正男的ともいえる自由な組織風土をもっている。

 金正男は東京ディズニーランドや赤坂の繁華街に自由に出入りしていたことで知られるが、7000人規模といわれるサイバー軍組織の中のエリートハッカーたちにもそれと近い自由がある。洋書の専門書も取り寄せ放題だし、中国の大都市のインターネットカフェからサイバー攻撃をしかける必要性から海外にも比較的自由に渡航できる。

 その中国の大都市では日本の秋葉原同様に最新のIT機器が購入できる。その程度の予算は十分に持っている。つまり先進国のハッカー少年と同等の条件でサイバー兵器の開発やテストを行うことができる環境にあるということをまず念頭に置いておくべきだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ