カール販売停止は日本滅亡の予兆だった!? 日本列島カールパニックとミサイル危機、Xデーは8月か?

関連キーワード:

,

,

■日本列島カールパニック

「それにつけてもおやつはカ~ル♪」

 というように、日本国民のおやつといえば「カール」である。だが、そんな日本人の心のスナック菓子である「カール」に関する衝撃のニュースが5月25日に飛び込んだ。何と、8月生産分をもって全国販売されている「チーズあじ」と「うすあじ」が滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県以西のみでの販売になり、「カレーあじ」「大人の贅沢カール」シリーズ「小つぶカール」シリーズは販売終了と明治が発表したのだ。同社によると、スナック菓子の競争激化に伴い、近年「カール」の販売不振が続いたことが原因のようだ。

 1968年発売のロングセラー商品として広く愛されてきた国民的スナック菓子「カール」の販売終了のニュースは、日本全土に激震を与えた。

 カール販売中止の発表を受け、「メルカリ」や「ヤフオク!」では早速「カール」の転売が相次いだ。参考小売価格120円の商品に対して、なかには10万円を超える高額価格で出品されたものも。これは「カール密売」など闇市場が広がる勢いである。もしくは、「カール」を求めて東日本から西日本への“民族大移動”が起きるなど、さまざまなカールパニックが予想される。

 しかし、何よりも疑問なのが、「カール」がなぜ今この時期に西日本限定販売にしたのかだ……。

 

■カールの拠点が四国に

「カール」はこれまで、山形、埼玉、静岡、大阪、愛媛にある5つの工場で製造されていたが、今後は四国明治(愛媛県松山市)の工場1つだけになるという。「カール」の売れ行きが西日本で特別良かったというわけではないが、物流などの効率を考えての決断だったそうだ。

カール販売停止は日本滅亡の予兆だった!?  日本列島カールパニックとミサイル危機、Xデーは8月か?の画像2四国明治松山工場 画像は四国明治HPより

 ここで疑問なのは、なぜ「カール」の製造販売を西日本側のみにする必要があったかということだ。東日本側でも良かったのではないだろうか?
  
 四国・愛媛県を選んだのには、きっと何か意味があるに違いない。

 懸念されている災害から逃れるためだろうか。たしかに四国は活火山がないので、火山噴火による壊滅的な被害はない。だが、愛媛県の近くでは、瀬戸内海西部にある伊予灘を震源とする地震が警戒されている上、伊方原発もあり、複合災害も心配される。ゆえに、災害を考慮して愛媛県及び西日本を選択したわけではないということだ。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

カール販売停止は日本滅亡の予兆だった!? 日本列島カールパニックとミサイル危機、Xデーは8月か?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル