フジテレビで怪奇現象が続発、オワコン化は呪いだった! 関係者が“立ち入り禁止レベル”の部署を暴露「一番ヤバいのは…」

フジテレビで怪奇現象が続発、オワコン化は呪いだった! 関係者が立ち入り禁止レベルの部署を暴露「一番ヤバいのは…」の画像2イメージ画像:「Thinkstock」より

「フジテレビが新宿の平河町から、現在のお台場に移転したのは1997年でした。で、新しく新社屋を建てるときに、ひそかに上層部は、風水の専門家を呼んで設計したというんです。ところが、どうやらちょっと設計がズレてしまったらしい。そこで一気に悪い配置になってしまったとか。この霊能者によると、それで『磁場が歪んだ』ということでした」

 局内では、電気が突然消えたり、誰もいないはずのスタジオで人の気配がするなどの怪奇現象があるという。数年前には元アナウンサーがトイレで自殺したこともあった。これらがすべて霊の仕業かどうかはわからないものの、ありえない問題が噴出し始めたのが新社屋に移転してからであることは確かだ。

「この霊能者に、なにか解決法はないか聞いたところ、お台場から移転するしかないということです。しかし、それでは莫大な費用がかかりますからね。もうどうしようもないのかもしれません……」(同関係者)

 今後も問題は起こり続け、何らかの対策を打たないと本当の危機が訪れるという。“呪われたフジテレビ”の再生はあるのだろうか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ