みのもんたに匹敵!? 新・朝の嫌われ者が意外すぎる「厄介な存在」「ナメてるのか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

「羽鳥さんは厄介な存在として見られています」(番組制作会社関係者)

 真面目でさわやかな印象があるために意外な気もするが、そこには事情があった。

「彼はたしかに真面目ですが、議論する際にはなにかと『日本テレビの場合には~』と反論するんです。これをテレ朝のスタッフの前でも口にすることがあり、『ナメてるのか』と思われ、嫌われていますね。かつては日本テレビの職員ですが今はフリーなんですから、その自覚は常に持っておくべきです」(同)

 たしかに、反論するにしてもいちいちこのセリフではうっとおしいものがある。

 また、逆に好かれているのはあのアイドルだ。

「井ノ原さんは裏表もなく、分け隔てなく接する人ですし、特に面倒臭さもありません。そのため、人柄で好かれている感じですね」(テレビ局スタッフ)

 嫌われる理由は人それぞれだが、人に好かれるキーワードはどうやら“面倒臭くない”ということのようだ。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

コメント

1:匿名 2017年6月29日 23:50 | 返信

「鬱陶しい」も正しく書けないのかよ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。