氷室京介プロデューサー、覚せい剤所持で謎の美女とともに逮捕!関係者「次はアノ大物歌手。不気味な言動増えた」

関連キーワード:

,

氷室京介プロデューサー、覚せい剤所持で謎の美女とともに逮捕!関係者「次はアノ大物歌手。不気味な言動増えた」の画像1※イメージ画像:月光恵亮 Facebookより

 芸能界の薬物汚染が止まらない。

 長戸大幸、織田哲郎などとともに音楽制作会社ビーイングを創業し、LINDBERG、氷室京介などの著名なアーティストを手がけていた月光恵亮容疑者が覚せい剤所持の疑いで逮捕された。月光容疑者は調べに対して「パイプを使って吸ったのは間違いない」と認めているという。

 最近はあまり名前を見ることもなかったが、かつて音楽シーンを席巻したアーティストを手がけていた人物ともあり、この一件は大きな驚きをもって迎え入れられている。

「月光容疑者の逮捕が当局から発表されたのと同じタイミングで米国から覚せい剤を輸入したとしてIという女性の逮捕も発表されています。こちらは容疑を否認しているようですが、同じ場所で逮捕されているのでおそらくかなり親密な仲だったのではないでしょうか」(記者)

 名声、富を手に入れていたはずだったにもかかわらず、違法薬物にハマってしまっていた月光容疑者。昨年から芸能界では、多くのタレントらが違法薬物がらみで事件を起こしている。

 2016年2月に元プロ野球選手の清原和博、16年6月には元俳優の高知東生、また元NHKの歌のお兄さんで俳優の杉田光央らが、覚せい剤取締法違反(所持・使用)などの罪で逮捕・起訴されている。また今年に入っても元KAT-TUNの田中聖氏が大麻を所持していたとして渋谷署に逮捕(現在、釈放)されており、また先日も名優・橋爪功の息子で俳優の橋爪遼容疑者が違法薬物所持で逮捕された。

 そして、現在もひとりのアーティストがその周辺を探られているという。

「大物歌手のNさんですね。昨年は盟友とされる人物が薬物違反で逮捕されたこともあり、週刊誌に使用疑惑も報じられたことがありました。一時は落ち着いていたようですが、最近は変な言動をSNSなどで繰り返しているようで、『もしかしたら……』と疑惑が再浮上しているようです」(芸能記者)

 芸能界の深すぎる闇に次々とメスが入れられようとしている。
(文=利賀高次)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ