ケイティ・ペリーはイルミナティのガチ広告塔だった! “洗脳人格”である決定的証拠が生放送で暴露される!

ケイティ・ペリーはイルミナティのガチ広告塔だった! 洗脳人格である決定的証拠が生放送で暴露される!の画像1画像は「Disclose TV」より引用

 先日Twitterのフォロワー数が1億人を突破した米超人気歌手ケイティ・ペリーに不穏な噂が流れている。なんと、秘密結社「フリーメーソン」の上部組織「イルミナティ」に洗脳され、深刻な精神障害を抱えている可能性があるというのだ!


■ケイティ・ペリーは「イルミナティ」が作り出した洗脳人格だった!?

 噂の原因となっているが、現地時間今月8日~12日にかけて96時間ぶっ通しで生中継された特別サプライズ企画『Witness World Wide』での出来事。米・人気番組「The Therapist」に出演するシリ・サット・ナム・シン医師のセラピーを受診したところ、歌手“ケイティ・ペリー”と自身の本名である“キャサリン・ハドソン”の間で人格的に引き裂かれていると告白。過去にはそれが原因で深刻な鬱を発症し、自殺まで考えていたと暴露するシーンが放送された。

ケイティ・ペリーはイルミナティのガチ広告塔だった! 洗脳人格である決定的証拠が生放送で暴露される!の画像2画像は「YouTube」より引用

 これに対し陰謀論者は、ケイティの精神不安の裏には「イルミナティ」の存在があると指摘。ケイティを組織の広告搭として利用するため、一種のマインドコントロールを施したことが最大の原因だというのだ。つまり、“ケイティ・ペリー”とは洗脳によって生まれた人格ということである。

 確かに陰謀論では、多くのセレブが「イルミナティ」のプロパガンダとして利用されていると噂されている。過去には、歌手ブリトニー・スピアーズや女優アマンダ・バインズ、最近ではカニエ・ウェストも「イルミナティ」が原因で精神的に深刻なダメージを負い、アルコール依存症や統合失調症を発症したとされている。

ケイティ・ペリーはイルミナティのガチ広告塔だった! 洗脳人格である決定的証拠が生放送で暴露される!の画像3画像は「YouTube」より引用

 そんな「イルミナティ」が、世界的な歌姫であるケイティを見逃すはずはないだろう。その証拠に、ケイティのミュージックビデオではあらゆる所で「イルミナティ」のシンボルマークが顔を覗かせている。たとえば2014年に発表された楽曲「Dark Horse」の映像では、あの「プロビデンスの目」が堂々と登場しているのだ。

■ステージ上で卒倒するケイティ

ケイティ・ペリーはイルミナティのガチ広告塔だった! 洗脳人格である決定的証拠が生放送で暴露される!の画像4画像は「YouTube」より引用

 元彼でユダヤ系ギタリストのジョン・メイヤーも、ケイティの洗脳に加担していた可能性がある(言うまでもないが「イルミナティ」はユダヤ系の組織だ)。

 ちなみに、パフォーマンス中のケイティが、ステージ上で卒倒する事件が起こったのは、メイヤーと交際中の2014年のことだった。後にロリポップ(棒のついたアメ)が腹部に当たったことが原因であると語ったが、小さなアメが当たっただけでもんどりを打って失神するとは考え難い。健康上・精神上の大きな問題を隠すための言い訳と見られても仕方ないだろう。

 また、敬虔なクリスチャンで牧師の両親と不仲であり、ケイティがたびたび協会批判を繰り返してきたことも、反キリストで悪魔崇拝組織である「イルミナティ」の意向があったと見ることもできるかもしれない。

 だが、徐々に洗脳が解け始めている徴候も見られる。先述した生中継で「ケイティ・ペリーじゃなくなりたいって思う時があるの。髪を切ったのも、正真正銘の自分でいたいから」と、イルミナティが作り出した洗脳人格との決別を臭わせる発言をしているのだ。これは「イルミナティ」が、もうケイティを必要としていないことを意味するのか、それとも彼らにとっても不測の事態であるのか、現時点では見極めが難しい。今後のケイティ、もといキャサリンの動向にますます注目だ。

参考:「Disclose.tv」、ほか

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

ケイティ・ペリーはイルミナティのガチ広告塔だった! “洗脳人格”である決定的証拠が生放送で暴露される!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで