飛行機事故で奇跡的に生還した人物5選が凄まじい! テロ、炎上、空中分解… 他の乗客・乗員は全員死亡!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■ヴェスナ・ヴロヴィッチ

1706_onesurvivedplane_5.jpg画像は、「reddit」より

 1972年1月26日、JATユーゴスラビア航空の旅客機が飛行中に爆破されるテロ事件が発生。旅客機がチェコスロバキア(現在のチェコ共和国)の都市上空およそ33,000フィート(約10,000m)を飛行中に、クロアチア国家主義者によって機内に仕掛けられた爆弾が爆発。機体は爆発の衝撃により空中でバラバラに分解され、乗務員や乗客は機体もろとも凍った山腹に叩きつけられた。この事故で生還したのは、同機体に客室乗務員として搭乗していたヴェスナ・ヴロヴィッチただ1人。ヴェスナは頭蓋骨骨折のほかに、両足の骨折や脊椎も骨折していた。彼女はその後手術を受け無事回復し、JATのデスクとして現場復帰も果たしている。ちなみにヴェスナは、33,000フィートからパラシュートなしで生き残った人間としてギネス記録を保持している。

1706_onesurvivedplane_6.jpg画像は、「Global Media」より

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。