世界大戦からアパルトヘイトまで! 命懸けの勇敢な行動で世界を激変させた子ども5人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■へクター・ピーターソン

1706_childchangeworld_5.jpg画像は、「Mail&Guardian」より

 1976年6月16日に南アフリカ共和国・ヨハネスブルグで、2万人近くの学生がアパルトヘイト反対を訴えるデモ行進“ソウェト蜂起”を起こした。警察はデモ行進を続ける学生に向かって犬を放つなど応戦を始めると、学生と警察の間での衝突は収拾がつかなくなるまでに発展。しまいには警察が学生に向かって発砲を開始すると、デモ当日だけで176人の子どもが警察によって射殺され、中には当時13歳だったヘクターの姿も……。仲間の学生が死にゆく彼を運ぶ様子を写した写真は、政府が行うアパルトヘイト政策の残虐性を象徴する1枚として世界中で有名となった。

1706_childchangeworld_6.jpg画像は、「Google Arts&Culture」より

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。