世界大戦からアパルトヘイトまで! 命懸けの勇敢な行動で世界を激変させた子ども5人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■タンディウェ・チャマ

1706_childchangeworld_9.jpg画像は、「picssr」より

 1999年、ザンビア共和国に暮らす当時8歳のタンディウェ・チャマは、教師不足により学校が閉鎖されたことに納得がいかず、教育を受けるために別の学校まで60人もの子どもを引き連れ歩いた。タンディウェはその後も子どもが教育を受ける権利のために声を上げ続け、教会で子どもの人権やエイズについて議論するなどの活動を行っている。また彼女は子どもにエイズの危険性を伝えるため、「エイズに感染した鶏」という冊子も作成。2007年には自身の勇敢な行動が認められ、タンディウェは国際子ども平和賞を16歳で受賞した。彼女は、「子どもにも権利があるということを知ることはとても重要」だと語っている。
(文=山下史郎)

1706_childchangeworld_10.jpg画像は、「picssr」より


参考:「LISTVERSE」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。