政府によるビッグデータ利用が招く2つの恐ろしい未来とは? 経済学者が指摘、社会は闇に堕ちる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

■ビッグデータが招く管理社会化

政府によるビッグデータ利用が招く2つの恐ろしい未来とは? 経済学者が指摘、社会は闇に堕ちる!の画像4画像は「International Business Times」より引用

 2つ目の方針である「政府レベルにおけるビッグデータの応用」は、さらに危険だという。ここでは、プライバシーが問題となる。というのも、より良い公共サービスを提供するという口実のもとに、政府が数百万人の国民のデータを意のままに利用することが可能になってしまうからだ。さらなる懸念は、悪い意志をもった役人がビッグデータを利用し、社会を操作する恐れがあるということだ。つまり大規模な管理社会化である。

 市場経済への国家の介入が全体主義化を招くと危惧したミーゼス氏の経済思想が色濃く反映されているが、一考に値する指摘であることは間違いない。「テロ等準備罪(共謀罪)」が成立した今、日本においても政府によるビッグデータの利用には注意が必要だ。たとえば、ネットで購入した書籍などにより、その人の思想傾向が危険と判断されマークされることだってあるかもしれない。今後、日本でもビッグデータとプライバシーを巡った議論が噴出してくることだろう。
(編集部)


参考:「KATEHON」、「The Ludwig von Mises Centre」、ほか

コメント

1:匿名 2017年7月3日 18:49 | 返信

寄せているいるのは➞寄せているのは

なんじゃね?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。