小林麻央さんの訃報情報を垂れ流した井上公造と「親族と名乗る者」に批判殺到! 直撃取材でわかった看過できない真相

関連キーワード:

「私の姪の小林麻央、先ほど亡くなられたとの第一報。初めて出会ったよく泣く元気な赤ちゃんのときが昨日のよう。最期まで笑顔を絶やさなかったようで。ご冥福をお祈りいたします」

小林麻央さんの訃報情報を垂れ流した井上公造と「親族と名乗る者」に批判殺到! 直撃取材でわかった看過できない真相の画像3

 井上公造氏の意味深情報に続いて、突如“親族”と名乗る者による訃報ツイートが流れたことでネット上はまたも騒然。ツイート主に対し、「親族の話をペラペラ公表して最低だ!」と批判が殺到。大炎上へと発展し、23日午前13時現在もHPにアクセスできなくなっている。これについて同事務所に問い合わせたところ、担当者がタメ息混じりに答えてくれた。

「朝から何100件もの電話を受けているんですけれども、弊社と小林麻央さんには何の接点もありません…。親族でもありません…。このツイートはなりすましのツイートです。数年前から、こうしたなりすまし被害に遭っており、殺害予告や爆破予告に弊社の代表の名前が使用されたこともあるんです。そういう場合は警察に相談しているのですが、犯人の見当はついていません…。なぜ弊社がいやがらせを受けるのかについても、理由は不明です…」
 
 2016年10月21日に同事務所の弁護士が出演したNHKの番組「ニュースウオッチ9」では、こうした嫌がらせを受けるきっかけは、ネット掲示板で中傷された高校生からの依頼を受けて、削除依頼をネット掲示板に報告した弁護活動にあると説明しているが…。

「同番組では、殺害予告以外にも弁護士の家族のお墓に落書きをされるなどの被害を訴えていました。一部情報によると、今回のなりすましは、海外からの攻撃をくらったということですが、真相は不明。なりすましにしては、あまりにもタイミングが合っていることから、業界関係者が犯人だとみる人もいますね」(事情通)

 23日朝、海老蔵は「人生で一番泣いた日です。マスコミの方々も お察しください」とブログを更新し、できるだけそっとしてほしい心境を吐露したが、その裏では心無いリーク情報が飛び交っていたのだった。

※市川海老蔵さんは23日、同日14時30分から記者会見を行うと報道各社にFAXで発表した。

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

小林麻央さんの訃報情報を垂れ流した井上公造と「親族と名乗る者」に批判殺到! 直撃取材でわかった看過できない真相のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル