東京の「赤ちゃん売却病院X」での闇診察を元ナースが激白 - ヒポクラテスの誓いに背いた罪深き病院の実態

関連キーワード:

,

,

 東京都にあるX病院にかつて勤務していた元ナースが悪徳医者の行状を激白した。これは表向きにはけっして闇病院ではなく、誰もが訪れる普通の病院で起きた話だ…。

<ある日、40代のピンサロ嬢がその世話人みたいな男性と一緒に来院し、「子どもを始末したい」と男性が依頼してきました。しかし、女性はもう臨月。堕胎できるわけがありません。しかもどうやら、女性側は生みたいようです。「もう年齢的に最後の子だから」と抵抗してますが、男性は「育てられないのだから、生むのはやめなさい。3人目は無理だ」と説得しています。

 話を聞くと、このピンサロ嬢にはすでに男女の子どもが2人いて、旦那さんはいらっしゃないとのこと。今回の胎児はお客さんとの間にできた子供どもという話でしたが、“本番”させていたお客さんがたくさんいて、どの人の子か分からないという状況でした。

 結局、堕ろすことができないという結論になり、生むことになったのですが……。その後、医者と男性がヒソヒソ話を始めたのはよく覚えています……。

東京の「赤ちゃん売却病院X」での闇診察を元ナースが激白 - ヒポクラテスの誓いに背いた罪深き病院の実態の画像2画像は、Thinkstockより

 翌月、女性は出産のために来院し、つつがなく男児を出産。入院中、男性と共に50代の女性がお見舞いに来ていました。嬢の母親なのかなと思ったら、まったくの他人。男性がどこからか探してきたどこかの資産家で、どうやら、この女性に生んだ赤ちゃんをわたす話ができあがっているようです。この20代の女性は跡取りに男の子が欲しかったのだけれども、自分には女の子しか生まれなかったため、男の子を引き取りにきたようです。

 出産後、病室には女性のお子さん2人も来ていて、赤ちゃんのお世話をしたりしていました。もちろん、女性も赤ちゃんにお乳をあげたり、お世話したりしていました。ピンサロ嬢が赤ちゃんをいとおしく見つめていると、男性が「この子はこの方にあげるのだからね! あんまり愛情持っちゃいけないよ」と何度も言い聞かせていました。

 それにしても、このピンサロ嬢、以前にも何度か中絶手術してたようで、「今度はきちんと避妊しなさい」と医者に叱られてました。そして、1週間後に退院。嬢と50代女性と2人で病院を後にしました。

 ところで、生まれた子どもを他人にあげることなんてできるのでしょうか。正規の手続きを踏んで、養子に出すわけではなさそうです。どうも、50代女性の家柄はかなりきちんとしているようで、戸籍に養子などという単語を記されたくないようでしたしね。

 後日、またピンサロ嬢が中絶のために来院してきました。こちらが「あの生んだ子はどうなったの?」と聞くと、嬢は「先生がいいオバサンを紹介してくれて、助かりました。退院した足で、あのオバサンがそのまま赤ちゃんを自宅に持っていきましたよ。オバサンが役所に出生届を出しに行ったら、窓口の役人さんたちが『本当にあなたが生んだんですか!』と相当ざわついたそうです。オバサンは昔、帝王切開したおなかの傷を見せて『いまは医学が進んでるんで、私でも生めるんですよ』とのうのうと嘘をついて、無事、自分の子どもにできたって次第です。ちなみにオバサンは仲介した男性に1000万円払ったそうですよ」と話していました。

 ちなみに、50代女性は、もともとの男性の知り合いではなく、医者の知り合いだったようです。男性から医者には、いくらかわたったんでしょうか…。他の病院のナースに聞いても、結構、こういう話ってあるみたいですね。

闇病院シリーズはコチラ

文=文文

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

【手相】玉の輿線、成り上がり線、ヒモの才能線  今回は、...

東京の「赤ちゃん売却病院X」での闇診察を元ナースが激白 - ヒポクラテスの誓いに背いた罪深き病院の実態のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで