東京の「赤ちゃん売却病院X」での闇診察を元ナースが激白 - ヒポクラテスの誓いに背いた罪深き病院の実態

関連キーワード:

,

,

人の病気を治し、命を救うのが病院だ。逆に医者はさじ加減ひとつで命を操ることができるだけに、傲岸不遜な人格の持ち主は“神”になれてしまう。そこで、古代ギリシャ時代から現代に至るまで、医者は医神アポロンやすべての神に対し「ヒポクラテスの誓い」を誓約している。その誓いとは「私は能力と判断の限り患者に利益すると思う養生法をとり、悪くて有害と知る方法を決してとらない」「頼まれても死に導くような薬を与えない。それを覚らせることもしない。同様に婦人を流産に導く道具を与えない」など。しかし、ヒポクラテスの誓いを忘れてしまった医者もいる。東京都にあるX病院にかつて勤務していた元ナースが、数々の悪徳医者の行状を激白した。表向きはけっして闇病院ではなく、誰もが訪れる普通の病院だ。その第2弾――。第1弾はコチラ

 東京都にあるX病院にかつて勤務していた元ナースが悪徳医者の行状を激白した。これは表向きにはけっして闇病院ではなく、誰もが訪れる普通の病院で起きた話だ…。

<ある日、40代のピンサロ嬢がその世話人みたいな男性と一緒に来院し、「子どもを始末したい」と男性が依頼してきました。しかし、女性はもう臨月。堕胎できるわけがありません。しかもどうやら、女性側は生みたいようです。「もう年齢的に最後の子だから」と抵抗してますが、男性は「育てられないのだから、生むのはやめなさい。3人目は無理だ」と説得しています。

 話を聞くと、このピンサロ嬢にはすでに男女の子どもが2人いて、旦那さんはいらっしゃないとのこと。今回の胎児はお客さんとの間にできた子供どもという話でしたが、“本番”させていたお客さんがたくさんいて、どの人の子か分からないという状況でした。

 結局、堕ろすことができないという結論になり、生むことになったのですが……。その後、医者と男性がヒソヒソ話を始めたのはよく覚えています……。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ