南アフリカで半分人間の姿をした羊が誕生?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

南アフリカで半分人間の姿をした羊が誕生したという。同国東部に位置するレディー・フレアに住む4000人の住民の中には、この羊が悪から送り込まれた生き物だとして、獣姦や魔術が原因で怪物が誕生したと考えている人もいるという。

その羊の写真がネットで話題となったことを受け、農村開発の機関が専門家を現地に派遣したところ、その写真が偽物ではないことが確認された。しかし同職員はそれが人間の姿のようであるものの、深刻な奇形の羊であり、人間ではないとし、妊娠初期にリフトバレー熱に感染したことが原因だろうと発表した。

23の染色体を持つ人類に対し、この羊が28の染色体を持っていたことも明かしているものの、いまだに魔術によるものだとして騒ぎ立てている一部の住民を安心させるため、さらなる検死解剖が行われる予定だという。

関連記事

    関連キーワード

    コメント

    1:匿名 2018年1月3日 18:58 | 返信

    羊の倍数体なのか?

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。