長野の震度5強は完全に予言されていた!! 2つの大断層が動いて列島分断、「全日本大震災」に至る可能性!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

長野の震度5強は完全に予言されていた!! 2つの大断層が動いて列島分断、「全日本大震災」に至る可能性!の画像3赤線が中央構造線、青線に囲まれたオレンジ色の部分はフォッサマグナ、左側の青線が糸魚川静岡構造線
画像は「Wikipedia」より引用

 今回の地震における震源は、中央構造線だけでなく、糸魚川・静岡構造線(以下、糸静線)からもそう遠くない。この糸静線もまた、新潟県から静岡県を横断する大断層帯であり、ここが大きく動いた場合、日本にとって致命的な大地震になる恐れがあるのだ。というのも、過去の記事で紹介したが、沖縄県の医師である長田明子氏が出雲大社で得た啓示によると、糸静線の活断層が割れると「日本列島(本州)が分断される」ほどの巨大地震になるというのだ。神戸大学の石橋克彦名誉教授も、駿河湾から四国沖へと至る南海トラフと糸静線が連動し、M9クラスの巨大地震が起こる可能性があると2011年の日本地震学会で発表しているくらいで、これはトンデモ話などではない。


 いずれにしても、このところ全国各地で比較的大きな地震が続くという不穏な空気が漂い始めている。筆者が何度も指摘してきたように、大きな地震は連鎖するものであり、今年後半あたりに「全日本大震災」と呼ばれるような超巨大地震が起きる可能性を否定する要素もないということは、しっかりと心に留めておいていただきたい。


百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。Webサイト/ブログ:『探求三昧』『神秘三昧』『防災三昧』、Twitter:@noya_momose

コメント

4:匿名 2018年5月30日 22:42 | 返信

地震学者 、何のその為に居るんだ?結局は、何も出来ないじゃないか?老人の戯れ。

3:匿名 2017年7月2日 15:00 | 返信

御神渡りは近年ではできる年の方が少ないはず。

2:匿名 2017年7月1日 19:12 | 返信

まず粥占が作物の豊作を占うもので、天変地異を占うものでは無いんだが‥‥
粥占が天変地異を占うなんて言ってるのはヲカルトサイトの人だけよ。

1:匿名 2017年6月29日 16:44 | 返信

でたらめが多すぎでツッコミが追いつかない
とりあえず御神渡りは毎年のように見れないから

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。