【ガチ】ついにアメリカが「宇宙軍隊」創設へ! 空軍トップ猛反発も“宇宙戦争”は確定路線か、ロシアと中国は臨戦態勢!

【ガチ】ついにアメリカが「宇宙軍隊」創設へ! 空軍トップ猛反発も宇宙戦争は確定路線か、ロシアと中国は臨戦態勢!  の画像1画像は「Thinkstock」より引用


『スター・トレック』の「スターフリート」、『スターウォーズ』の「帝国軍」、『HALO』の「国連宇宙司令部防衛軍」など、フィクションの世界で描かれてきた「宇宙軍」の存在が現実のものとなろうとしている。なんと、米国で「宇宙部隊(Space Corps)」創設を要求する法案が提出され、空軍トップを巻き込んだ大きな論争に発展しているというのだ!


■宇宙部隊創設へ

 米テクノロジー系オンラインニュース「The Verge」(6月23日付)によると、「国家軍事委員会」に提出された同法案は、米民主党・共和党両党の議員が「宇宙における国家防衛システムが損なわれている」という危機感のもと共同で起草したものだという。

「国防総省が、こうした(宇宙における)問題に対し、効果的かつ断固とした態度で対策を講じる能力が無いこと、そして、彼らに問題の本質や規模を把握する能力すら欠けていることを我々は確信している」(ジム・クーパー議員とマイク・ロジャーズ議員による起草案)

【ガチ】ついにアメリカが「宇宙軍隊」創設へ! 空軍トップ猛反発も宇宙戦争は確定路線か、ロシアと中国は臨戦態勢!  の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 これまで宇宙空間の防衛を管轄していたのは空軍、そして国防総省であるが、彼らに将来における地球外の脅威に対処する能力もノウハウもシステムもないという辛辣な批判である。もしこの法案が実現すれば、空軍とは別に空軍内に宇宙部隊が組織されるとのことだ。

 ここで言われている脅威は、一般的には地球に落下する恐れのある小惑星や軍事衛星がそれに当たると思われるが、もしかしたら大規模な宇宙戦争や、地球外知的生命体の脅威も含まれているのかもしれない。また、空軍がひた隠しにしている機密UFO情報や、基地内に存在するとされるエイリアンはどうなるのだろうか?

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ