デジャヴ体験は我々に“あるメッセージ”を送っていたことが判明! 最新脳科学が解き明かす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■デジャヴが起きる理由とは?

 さて、デジャヴは若者に起きやすく、側頭葉や前頭葉に関連した現象であるならば、なぜそんな現象が起こるのだろうか? また、既視感に伴う深い親しみの感情は一体何か? やはり、デジャヴは前世の記憶か未来の予知ということなのか?

 だが、研究者たちはこの問いに、少しずつ答えを見出しつつある。それは、デジャヴという体験が「誤った親密感を間違いだと知覚する現象」ではないかというものだ。つまり、本来感じるべきでないところで生じた親しみに対し、その(バグとでもいうべき)感情は間違っているとエラーメッセージが出ている状態、それがデジャヴだというのだ。成長に伴い、間違った親密感というエラーが出ても無視することを学ぶので、大人はデジャヴを体験しにくくなるというわけだ。

 昔に比べてデジャヴを感じなくなったと思ったなら、それは前世を忘れたのではなく、未来視の能力を失ったのでもない。心や脳の成長や健康の証なのかもしれないのだ。

(吉井いつき)


参考:「Scientific American」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。