【閲覧注意・原発】東海村JCO臨界事故「被曝治療83日間の記録」を直視せずに原発問題を語るな! 日本だけが報じない超衝撃写真とは!?

関連キーワード:

,

,

,

,

 2011年の福島第一原発事故をめぐって起訴された東電元会長ら3人の公判がはじまり、この事故が“天災”だったのか“人災”だったのかを決する法廷論争が繰り広げられることになる。そして、先月には茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構「大洗研究センター」で、保管容器から放射性物質が漏れ、男性作業員5人が被爆する事故が発生した。再び社会の関心が原発に注がれる事態を招いているが、同様に決して忘れてはならない原発にまつわる出来事が1999年に茨城県で起きている。


■2名が死亡した東海村JCO臨界事故

 福島第一原発事故が起るまでは日本で最大の原発事故といわれていたのが、1999年9月30に発生した東海村JCO臨界事故である。施設内で作業員が硝酸ウラニル溶液を沈殿槽に流し込む作業を行っていた際、溶液が臨界状態となり、中性子線などの放射線が大量に放出された。これによって直接被爆した3人の作業員のうち、2名が死亡した。

 この事故については海外の注目も高く、各国のメディアが報じている。特に亡くなった2人のうちの1人である大内久さん(当時35歳)の83日間にわたる闘病・延命の記録は、多くの海外メディアに取り上げられた。

 臨界事故により17シーベルトという高レベル放射線を浴びた大内さんは、激しい痛みを覚えるとともに嘔吐し、呼吸困難に陥った後で意識を失った。

tokaimuraincident1.JPGUnbelievable Facts」の記事より

 すぐに病院に運ばれた大内さんだったが、あまりにも凄まじい被曝量であったため、染色体が破壊され、白血球がほぼゼロになってしまう。身体の大部分は重度の火傷を負ったかのように赤くただれ、影響は内臓にも及んでいた。

 短時間にこれほど大量の放射線を浴びたケースは日本では初めての事態であり、広島原爆の落下地点と同レベルの被爆であると、オルタナティブメディア「Unbelievable Facts」の記事は指摘している。

tokaimuraincident2.JPG 「Unbelievable Facts」の記事より

 莫大な被爆により大内さんの身体のDNA、そして免疫機能は完全に破壊されており、海外でも英訳されている『朽ちていった命:被曝治療83日間の記録』(新潮社)によれば、骨髄細胞から採取した染色体は“バラバラに”破壊されてたということだ。これはすなわち、細胞の再生能力が完全に失われたことを示すのである。

【閲覧注意・原発】東海村JCO臨界事故「被曝治療83日間の記録」を直視せずに原発問題を語るな! 日本だけが報じない超衝撃写真とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?